■プロフィール

しまミーコ

Author:しまミーコ
★1962年生まれ、岡山県出身。岡山大学大学院教育学研究科修了。(株)ベネッセコーポレーションで子ども向けの教材制作に携わり、その後独立し、2000年に親友と編プロ・(有)アディインターナショナルを立ち上げる。イラストや漫画展開の執筆や編集を得意とする。趣味はゴルフ。著書に『子どものためのノートのコツ』(全3巻、2刷)、『1000人が選んだ一番よく使う旅の英語72フレーズ』(5刷)などがある。家族は愛猫しまごろう&ミーコと夫。2017年1月現在、編著書は、50冊を超える。

★愛猫しまごろうは糖尿病です。治療当初の絵日記(PDF)があります。愛猫が糖尿病と診断されて不安な方に参考になればと思い、無料で配布しています。希望される方はメールフォームから連絡ください。

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■拙著のご紹介





■最新記事
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■最新トラックバック
■検索フォーム

■楽天オススメ商品

■RSSリンクの表示
■リンク
■QRコード

QR

■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
10.10ゴルフ木曜会「コースマネジメント」
100+αで回る分際でこんなことをいうのは本当におこがましいのですが、意識の上ではそうだったので、記録します。

今日は、スイングではなく、コースマネジメントというものに重きを置いてラウンドしました。

いつも、理想とするスイングができたかどうか、その結果は、ボールの落としどころで決まると思って、一打一打に一喜一憂することが多かったのですが、今日はそれをやめて、たとえば「あそこを狙って打つ」というのを徹底的にやりました。

もちろん、今までもやっていたのですが、今までと違うところは、飛距離のない私が2打目でパーオンさせることはとっても難しいのですが、ドライバーがナイスショットだった場合、もしかしたらパーオンできるかもと思ってしまい、大きなクラブ4Wを選びがちでした。

でも、今日はそれをぐっとこらえて、3オンでOKなのだから、無理しないで7Wあるいは9Wを使うということを徹底したのです。

結果は、52+53の105。

同じコース(Bangi RC)でもっといいスコアを出したこともありますが、結果オーライで出た数字ではなく、意図してラウンドして、その結果出たスコアだったので、手ごたえが全然違ったのでした。

最近、100ヤード以内のアプローチの距離感を一定にすることを練習し始めたのですが、それが少しだけ功を奏した場面も経験できました。

なので、数字以上に満足感のあるラウンドとなりました。

現状のスイングが完璧、などとは思っていませんが、あまりにこだわりすぎて、肝心のコースマネジメントに頭を使わないのはやはり「片手落ちでは?」と、つい最近思ったのですが、それを実行できてよかったです。

といって!

これが、次回もうまく行くと思ったら大間違い!

ゴルフはそんなに甘くないのです。

プロの書いた本で読みましたが、たとえばピアノ。

上手下手はもちろんあるとして、ある程度練習すれば、それなりの形を作って人前で弾くことも可能です。私も経験があるのでわかります。

でも、ゴルフにはそういうことはほぼありえません。

まぐれがまぐれを呼ぶ、ビギナーズラックみたいなものはあるかもしれませんが、次のラウンドまで連続することはまずないです。

ここに、ゴルフの難しさ、逆にいえばチャレンジのし甲斐がある醍醐味もあるといえるでしょう。

なんで、こんなやっかいなものにのめり込んだんだろう…。

と思わないではないのですが、一緒に切磋琢磨する仲間がいることは案外大きいです。

そういう意味で、ゴルフ木曜会はとてもありがたい存在となっています。


【今日の雨】

雷雨。









スポンサーサイト


ゴルフ | 20:26:05 | トラックバック(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。