■プロフィール

しまミーコ

Author:しまミーコ
★1962年生まれ、岡山県出身。岡山大学大学院教育学研究科修了。(株)ベネッセコーポレーションで子ども向けの教材制作に携わり、その後独立し、2000年に親友と編プロ・(有)アディインターナショナルを立ち上げる。イラストや漫画展開の執筆や編集を得意とする。趣味はゴルフ。著書に『子どものためのノートのコツ』(全3巻、2刷)、『1000人が選んだ一番よく使う旅の英語72フレーズ』(5刷)などがある。家族は愛猫しまごろう&ミーコと夫。2017年1月現在、編著書は、50冊を超える。

★愛猫しまごろうは糖尿病です。治療当初の絵日記(PDF)があります。愛猫が糖尿病と診断されて不安な方に参考になればと思い、無料で配布しています。希望される方はメールフォームから連絡ください。

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■拙著のご紹介





■最新記事
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■最新トラックバック
■検索フォーム

■楽天オススメ商品

■RSSリンクの表示
■リンク
■QRコード

QR

■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ニタニタ…の理由
覚えたてのマレー語をできるかぎり使うようにしています。

スラマッパギ⇒おはよう

スラマップタン⇒こんにちは

スラマッティンガル⇒さようなら

などなど・・・。

面白いのは、私がマレー語で話すと、ローカルの人は、みんなニコニコしてくれること。ニタニタと言った方がいいかなあ。

逆の立場を考えるとよくわかります。

日本に来て、日本語がままならない外国人が「オハヨウゴザイマス」と話しかけてくれたら、うれしいような照れくさいような気持ちになるのと同じなのでしょう。

ところで、中には、英語で挨拶してもぶっきらぼうに返事をする人が、私がマレー語で1から5までの数をたどたどしく指折り数えていると、いきなり先生顔になって、大きな声で間違いを正したり、正解を教えてくれたりします。

「えっ? さっきのぶっきらぼう顔はどこへ???」

シャイなうえに、もしかしたら英語に自信のない人なのかもしれません。けれど、マレー語は母国語ですし、本来は人懐こい人なのでしょう。このような落差のある人というのは日本でもいそうです。

私がマレー語を少しでも話せるようになりたいと思うのは、こうやって、ローカルの人の笑顔が見たいからだとはっきり言えます。

ちなみに、逆の立場からもう一つ思うことは、私のマレー語が間違っている、あるいは使い方が間違っている場合に、ニタニタされていることもありそうです。


【今日のネット情報】
これくらいを覚えれば、日常生活に十分対応できそうです。
マレー語・マレー語会話








スポンサーサイト


英語とマレー語 | 19:10:00 | トラックバック(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。