■プロフィール

しまミーコ

Author:しまミーコ
★1962年生まれ、岡山県出身。岡山大学大学院教育学研究科修了。(株)ベネッセコーポレーションで子ども向けの教材制作に携わり、その後独立し、2000年に親友と編プロ・(有)アディインターナショナルを立ち上げる。イラストや漫画展開の執筆や編集を得意とする。趣味はゴルフ。著書に『子どものためのノートのコツ』(全3巻、2刷)、『1000人が選んだ一番よく使う旅の英語72フレーズ』(5刷)などがある。家族は愛猫しまごろう&ミーコと夫。2017年1月現在、編著書は、50冊を超える。

★愛猫しまごろうは糖尿病です。治療当初の絵日記(PDF)があります。愛猫が糖尿病と診断されて不安な方に参考になればと思い、無料で配布しています。希望される方はメールフォームから連絡ください。

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■拙著のご紹介





■最新記事
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■最新トラックバック
■検索フォーム

■楽天オススメ商品

■RSSリンクの表示
■リンク
■QRコード

QR

■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ホームシックの理由
日本にいるとき、ここ数年は毎月、自治会のゴルフコンペに参加していました。

毎回、3組程度のコンペで、女性は私だけ。私以外の方は、定年まで勤められて、今は悠々自適な暮らしをされている、60代~70代のジェントルマン。

なかなか100を切れない私をあきれもせず、仲間に入れてくださり、毎回のコンペが本当に楽しいラウンドでした。

クアラルンプールに来て2か月がたち、ゴルフレッスンも再開したので、つい先日みなさんに近況報告メールをしたところ、めいめいにお返事をくださり、

「某月某日にコンペがあるので、帰国に合えば参加はどうですか」

と誘ってくださる方がいて、それだけで、うるうる、日本に帰りたい気持ちになりました。

毎月1回のコンペは、練習の成果を試す場でもあり、同じ世代で女性のゴルフ仲間がいない私にとっては貴重なラウンドではありましたが、コンペの後、スーパーでお惣菜を買って、自治会館で一人2,000円弱で行う懇親会が何よりも楽しかったので、それも思い出されるのです。

女性にしては飲める口を自称していますが、ジェントルマンの飲みっぷりは、もう日本男児そのもので、いつも感心するばかりでした。

2時間飲んで騒ぐと、ぴたりと会は終了、後片付けに移るのですが、日本男児の片づけ力はすごいものがありました。主婦の私よりよっぽどテキパキされて、あっという間に撤収です。

だらだらしないこの終わり方も気持ちよくて、数年、よほどのことがないかぎり、ラウンドの後の懇親会には必ず参加したものです。

そういう記憶が走馬灯のようによみがえり、ホームシックとなりました。結局、飲みたいだけ?という突込みが、この日記を読んだ親友から来そうです…。



【今日の買い物】
楽天に海外版があると知り、さっそく買い物











スポンサーサイト


ゴルフ | 20:54:19 | トラックバック(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。