■プロフィール

しまミーコ

Author:しまミーコ
★1962年生まれ、岡山県出身。岡山大学大学院教育学研究科修了。(株)ベネッセコーポレーションで子ども向けの教材制作に携わり、その後独立し、2000年に親友と編プロ・(有)アディインターナショナルを立ち上げる。イラストや漫画展開の執筆や編集を得意とする。趣味はゴルフ。著書に『子どものためのノートのコツ』(全3巻、2刷)、『1000人が選んだ一番よく使う旅の英語72フレーズ』(5刷)などがある。家族は愛猫しまごろう&ミーコと夫。2017年1月現在、編著書は、50冊を超える。

★愛猫しまごろうは糖尿病です。治療当初の絵日記(PDF)があります。愛猫が糖尿病と診断されて不安な方に参考になればと思い、無料で配布しています。希望される方はメールフォームから連絡ください。

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■拙著のご紹介





■最新記事
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■最新トラックバック
■検索フォーム

■楽天オススメ商品

■RSSリンクの表示
■リンク
■QRコード

QR

■ブロとも申請フォーム
ピンの見え方が違う
打ちっ放し(KLGCC)で練習するとき、ピンがゴルフ場より遠くに見えることが多い気がします(1階でピンの真後ろに立って打つようにしています)。

アプローチで100ヤード以下の練習をするようになって、それが気になって仕方ありません。

ラウンドでアプローチがショートする理由はいろいろあると思うのですが、打ちっ放しとコースとでの距離感の違和感を持ちながらラウンドしているせいのように思います。

グリーンが上っているか、下っているかでも違ってきますしね。

そこへ、ダフるなどのミスが出ると、途端にショートします。

根が真面目なもので、というか、融通が利かないといったほうが正確か、この違和感が本番で悩ましい時間を作ってしまい、一打への集中力がおろそかになっている気がします。

今週のゴルフ木曜会のコースは、「Bukit Kemuning GCR」です。KLのゴルフ場にしては平坦で、距離も長めです。

ここでは、練習場に近い距離感を試せそうなので、このモヤモヤをぶつけてこようと思います。もちろん、打ちっ放しとコースとでは、ボールやライも芝も違いますから、一緒にすること自体間違っていると思ってはいますが、目安が何かほしいのでした~。




【今日の天気】

朝雨。午後雨。夕方雷雨。

【今日の練習】

150球(KLGCC):p/s70球、7I20球、4W25球、ドライバー35球












スポンサーサイト


ゴルフ | 18:37:22 | トラックバック(0)

FC2Ad