■プロフィール

しまミーコ

Author:しまミーコ
★1962年生まれ、岡山県出身。岡山大学大学院教育学研究科修了。(株)ベネッセコーポレーションで子ども向けの教材制作に携わり、その後独立し、2000年に親友と編プロ・(有)アディインターナショナルを立ち上げる。イラストや漫画展開の執筆や編集を得意とする。趣味はゴルフ。著書に『子どものためのノートのコツ』(全3巻、2刷)、『1000人が選んだ一番よく使う旅の英語72フレーズ』(5刷)などがある。家族は愛猫しまごろう&ミーコと夫。2017年1月現在、編著書は、50冊を超える。

★愛猫しまごろうは糖尿病です。治療当初の絵日記(PDF)があります。愛猫が糖尿病と診断されて不安な方に参考になればと思い、無料で配布しています。希望される方はメールフォームから連絡ください。

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■拙著のご紹介





■最新記事
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■最新トラックバック
■検索フォーム

■楽天オススメ商品

■RSSリンクの表示
■リンク
■QRコード

QR

■ブロとも申請フォーム
珍客出現、弱点露呈
夕方6時前のこと。玄関を鳴らす人がいました。

クアラルンプールの自宅は、ガーディッドハウスといって、来客者はゲートで必ず許可をもらって入ってきます。ゲートにいるガードマンからは事前に、「○○さんが来ています。あなたのお客さんですか?」と必ず電話が入ります。

なので、基本的に玄関を鳴らす人はいないわけです。事前に分かっているので、門を開けて待っています。来客者は、ピンポンと鳴らす必要はないわけです。

誰だろうと、窓からのぞくと、金髪の小学生(と思われる)女子が2人と黒髪小学生女子が1人。季節が季節なので、ピンときました。同じ敷地内の子どもたちが、クリスマスのことで来たのだと思いました。

門を開けると、リーダー格の金髪女子が「チャリティでこのあたりを回っています。クリスマスの歌を歌います。」と英語で言い、黒髪女子が英語で歌を歌い始めました。

私は黙って聞いています。

黒髪女子、蚊に刺されたところがかゆいのか、途中で足を掻いています。リーダー格の金髪女子は黒髪女子を見守りつつ、歌を口ずさんでいます。もう一人の妹分金髪女子はサンタの帽子をかぶったり脱いだりしています。

1曲目が終わり、2曲目に入りました。入ってしばらくして、「これはいつまで続くのだろうか」と思いつつ、含み笑いをもらしたところ、リーダー格の金髪女子が、黒髪女子の歌を制したのです。そして、ひと言「チャリティで募金を集めています。お金を寄付してください」。

すごいです! 私の含み笑いを歌をやめる合図にするとは! 実は、いつまでも続けられても困るなあという感じだったので。

「ちょっと待っていてね。」と言って家に戻ったのですが、私には初めての経験、果たして相場はいくらなのだろうか? 1RM、2RMじゃあ、あんまりだよね、子どものお使いじゃあるまいし。え、でも、この子たち、子どもだ…。でも、ちゃらちゃらとちょっと歌ってお金が集められると子どもに思わせていいのだろうか? よくないよね。でも、ちゃらちゃらと見えたのは、この年の子どもなりの照れ隠しでもあるだろうし。

…などなど、いろいろな考えが頭を駆け巡ったのですが、いいアイデアも浮かばず、時間もかけられず…で、とっさに一人10RM(リンギット)として、10RM札を3枚用意しようと思いました。まったくの直観です。

ところが、お財布には、10RM札は2枚。5RM札、1RM札はいくらかありましたが、これは20RMがいいという思し召し(?)と思い、20RMに決めました。

玄関まで戻り、「どこに入れたらいいのかな?」と聞くと、妹分金髪女子が帽子を脱いで、「ここに」と帽子をさかさまにして差し出します。「ああ、サンタの帽子はそういう意味だったのか」と納得、20RMを入れました。

「ありがとうございました!」と言って、隣の家に移動していった3人の小学生女子たち。今日はいくらの募金を集めるのだろうかと思いつつ、見送りました。

その後、帰宅した夫に話すと「20RMは高いんじゃない? 5RMもあれば、ご飯が食べられるんだよ。」とのこと。そんなことはわかっています。でも、急に来られたのでは、どうしようもなく…。きっと、日本人のオバチャンはちょろいと思われたでしょうか。でも、まあ、ホントにちょろいんだから仕方ないですね。

ただ、次に誰か来ることがあったら、歌はいいので、いろいろ質問しようと思いました。どこの国から来たのか、クアラルンプール、マレーシアをどう思っているのか、学校は楽しいか、などなど。いわば、取材ですね。そのお礼としての募金にしようと思います。それなら、金額は自分で決められます。

…という機転がとっさにきけばよかったのだと、あとで反省しました。

いずれにしても、不意打ちに弱い私。改めて、自分の弱点を実感しました。



【今日の一枚】
日本から持ってきた爪とぎの上でおすましのミーコ
121212-miiko.jpg









スポンサーサイト


日常生活 | 22:45:19 | トラックバック(0)

FC2Ad