■プロフィール

しまミーコ

Author:しまミーコ
★1962年生まれ、岡山県出身。岡山大学大学院教育学研究科修了。(株)ベネッセコーポレーションで子ども向けの教材制作に携わり、その後独立し、2000年に親友と編プロ・(有)アディインターナショナルを立ち上げる。イラストや漫画展開の執筆や編集を得意とする。趣味はゴルフ。著書に『子どものためのノートのコツ』(全3巻、2刷)、『1000人が選んだ一番よく使う旅の英語72フレーズ』(5刷)などがある。家族は愛猫しまごろう&ミーコと夫。2017年1月現在、編著書は、50冊を超える。

★愛猫しまごろうは糖尿病です。治療当初の絵日記(PDF)があります。愛猫が糖尿病と診断されて不安な方に参考になればと思い、無料で配布しています。希望される方はメールフォームから連絡ください。

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■拙著のご紹介





■最新記事
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■最新トラックバック
■検索フォーム

■楽天オススメ商品

■RSSリンクの表示
■リンク
■QRコード

QR

■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
トンネルの中
私のレベルでこう言っていいのかどうか、でも、今、ゴルフはスランプだと思います。

その原因の一つは、アプローチの練習にあると思っています。

打ちっ放しでは、かなり正確にアプローチショットができます。でも、それがよければよいほど、そのイメージが頭に残り、実際には平坦なところからのショットでの距離感しかないので、ライの状態もグリーンまでの上りか下りかの状況があることを私なりに考慮しても、イメージの方が勝って、ショートしたり、オーバーしたりすることが多いとわかりました。

次第に、ボールの行方が気になってヘッドアップして、トップして、グリーンをオーバーということがほとんどとなっています。

このヘッドアップは、その後のドライバーや7Wにも影響を与えるのではないかと思います。

ドライバーはまだティアップして打つので、打ちっ放しと同じイメージを持ちやすいですが、フェアウェイでの7Wではことごとくヘッドアップをして、チョロボールとなります。

2打目でこんなことが起こると、ボギーはおろか、ダボも無理で、よくてトリ、ときどきダブルパーになってしまいます。

そして、これが続くと、1打目で飛ばそうという意識が出てきて、ドライバーで力み、手打ちになり、あるいはスウェイして、左にたった10ヤードというティショットにもなります。

まるで初心者のゴルフです(汗)。

さすがに、常に前向きな私も、暗~い気分になります。

といって、練習をしなければ、上達もスコアアップも望めません。

長いトンネルに入ったのかもしれません。


【今日の天気】

朝からしとしと雨。日本の梅雨と同じ。マレーシアでは超珍しい現象!

【今日の練習】

なし。先週土曜日に近所でラウンドして、アイアンショットで土に打ち込んだ際に、右腕にピシッと痛みが走りました。

筋肉を傷めたと思いました。

湿布を貼っていますが、効果はあるのかないのか、今日はわかりませんが、練習は休みました。
















スポンサーサイト


ゴルフ | 22:49:41 | トラックバック(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。