■プロフィール

しまミーコ

Author:しまミーコ
★1962年生まれ、岡山県出身。岡山大学大学院教育学研究科修了。(株)ベネッセコーポレーションで子ども向けの教材制作に携わり、その後独立し、2000年に親友と編プロ・(有)アディインターナショナルを立ち上げる。イラストや漫画展開の執筆や編集を得意とする。趣味はゴルフ。著書に『子どものためのノートのコツ』(全3巻、2刷)、『1000人が選んだ一番よく使う旅の英語72フレーズ』(5刷)などがある。家族は愛猫しまごろう&ミーコと夫。2017年1月現在、編著書は、50冊を超える。

★愛猫しまごろうは糖尿病です。治療当初の絵日記(PDF)があります。愛猫が糖尿病と診断されて不安な方に参考になればと思い、無料で配布しています。希望される方はメールフォームから連絡ください。

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■拙著のご紹介





■最新記事
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■最新トラックバック
■検索フォーム

■楽天オススメ商品

■RSSリンクの表示
■リンク
■QRコード

QR

■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
愛猫
今日は夕方からすごい雷雨!

とくに雷の音が大嫌いなしまごろうは、カーテンの後ろや書斎の本の後ろ側に隠れたりなど、恐怖と戦っています。

鳴り終わると、ケロッとして出てくるのですが、それまではすごいストレスなんだろうと思うと、ちょっとかわいそうに思います。一方、ミーコはまったく動じません!

さて、そのしまごろう…。

ここのところ、いつもより多めのインスリンでないと、希望の血糖値(100台後半~200台前半)を維持できません。

私が日本に一時帰国する前からそのような傾向があったのですが、日中、誰も家にいない状態で、多めに打ったインスリンが効きすぎて低血糖になること、これを一番避けたいと思うと、それまでのインスリンの量を考慮して、なかなか多目には打てないものなのです。

なので、300超えとか最近はしょっちゅうで、それなのに、突然効きすぎることもあって、昨夜など47です!

平均値が、70~140ですから、低血糖寸前?!です。

とはいえ、案外、低めの血糖値には強いかもという感触も持っているので、それほど心配はしないのですが、さすがに、ガムシロップを飲ませました。

でも、そのガムシロの賞味期限は8月末でした!!!

思いっきり過ぎていますが、日本のものなので、無視して飲ませたのでした。

特に問題はありませんでした。

でも、よい子のみなさんは真似しないでくださいね!

さて、先日、日本に一時帰国した際に、しまごろうとミーコの親だった親友と話をしました。

「13歳の彼らの寿命は確実に近づいているよね。」と彼女に改めて言われてはっとしました。

まったく毎日変わらない生活を送っていて、13歳という年齢はもちろん知っていながら、このまま私たちヒトと同じように生きていくと思い込んでいました。

でも、それはありえません。

見た目は若くても、ヒトでいうともう70歳ころでしょうか。猫の寿命は10年~16年と言われていますが(野良猫か室内飼いかにもよる)、20歳を超える猫も実際、私も知り合いにいて知っています。

考えたくはありませんが、愛猫たちの終焉の形を想像することは親としての義務です。

来年は日本帰国という試練が愛猫たちを待っています。

どのようにすれば、彼らが猫生を健康にまっとうできて、幸せに虹の橋を渡れるのか。

しっかり、きっちり、考えようと思います。



【今日の天気】

夕方雷雨。

【今日の練習】

なし。







スポンサーサイト


| 20:27:10 | トラックバック(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。