■プロフィール

しまミーコ

Author:しまミーコ
★1962年生まれ、岡山県出身。岡山大学大学院教育学研究科修了。(株)ベネッセコーポレーションで子ども向けの教材制作に携わり、その後独立し、2000年に親友と編プロ・(有)アディインターナショナルを立ち上げる。イラストや漫画展開の執筆や編集を得意とする。趣味はゴルフ。著書に『子どものためのノートのコツ』(全3巻、2刷)、『1000人が選んだ一番よく使う旅の英語72フレーズ』(5刷)などがある。家族は愛猫しまごろう&ミーコと夫。2017年1月現在、編著書は、50冊を超える。

★愛猫しまごろうは糖尿病です。治療当初の絵日記(PDF)があります。愛猫が糖尿病と診断されて不安な方に参考になればと思い、無料で配布しています。希望される方はメールフォームから連絡ください。

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■拙著のご紹介





■最新記事
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■最新トラックバック
■検索フォーム

■楽天オススメ商品

■RSSリンクの表示
■リンク
■QRコード

QR

■ブロとも申請フォーム
ベテランさんのアドバイス
先日のゴルフ木曜会で同組となったベテランさんが教えてくださった名言をメモしておきます。

●ドライバーがいいとセカンドが打ちやすい。やはりドライバーは大切。

そうなんですよね。ドライバーがラフやバンカーに入ると、2打目が途端に厳しくなります。

私はドライバーが一番好きで、一番得なクラブだと思っていますが、それだけしか能がない的なことを発言したら、こんなふうに言ってくださったのでした。

うれしかったです。

●出せないと思ったバンカーは、グリーンを狙うのではなく、横にはずす勇気も大切。

フェアウェイバンカーの脱出がまだまだ下手くそです。

つい、大きめの番手のクラブを持って、わざとトップさせて飛ばそうとするのですが、そういうときにかぎって上手に砂を取り、きれいな弧を描いてちょっとだけしか飛びません。

グリーン周りでできたら最高のショットです。

こういうときは、横に出して、3打目をフェアウェイから打つ選択もありで、私の場合、現状ではそうしたほうが結果的に大叩きしないですむことがまだ多いです。

欲張るのが一番いけないんですよね。

ゴルフはメンタルという所以です。

●1あるいは2パットで収まるように、アプローチとパットはセットで考えることが大切。

ドライバーとウッド系のクラブだと、自分の距離感がわかるようになりました。

一方、p、p/s、sのショートアイアンの距離感はまったくありません。

これからグリーンの乗せるぞというときには、練習場で出る距離感が当てにならなくなります。トップやざっくりをするからです。

ここが一番弱いところです。練習あるのみ!

●女性でハーフ55以下は大したもの、この状態を続ければいつか40台が出るようになる

あるときから、100はそのうち切れるようになると吹っ切れたのですが、こんなふうに言っていただくととても自信になります。

ゴルフは一直線に右肩上がりで上達しません。

ジグザグの形になります。よかったかと思えば悪かったり…など。

そこを耐えていくと、ご褒美がもらえるというわけです。

この忍耐の期間、たとえば、100切りをコンスタントに出すというのを目標にしたとき、数か月の人もいれば、半年の人もいるし、1年かかる人、2年かかる人、それ以上の人もいます。

素質や練習量にもよります。

誰かと比較するのだけはやめようと思っています。意味がないことだからです。

そうは思っても、ぶれてしまうのが人間です。そんなときに、ベテランさんからいただく言葉はとっても重く、ありがたいのです。

現在、どんな段階にいようとも、続ければ必ず光は見えるということです。

ゴルフ好きな人と、今年もよい交流をして、切磋琢磨できるとうれしいです。













スポンサーサイト


ゴルフ | 12:05:55 | トラックバック(0)

FC2Ad