■プロフィール

しまミーコ

Author:しまミーコ
★1962年生まれ、岡山県出身。岡山大学大学院教育学研究科修了。(株)ベネッセコーポレーションで子ども向けの教材制作に携わり、その後独立し、2000年に親友と編プロ・(有)アディインターナショナルを立ち上げる。イラストや漫画展開の執筆や編集を得意とする。趣味はゴルフ。著書に『子どものためのノートのコツ』(全3巻、2刷)、『1000人が選んだ一番よく使う旅の英語72フレーズ』(5刷)などがある。家族は愛猫しまごろう&ミーコと夫。2017年1月現在、編著書は、50冊を超える。

★愛猫しまごろうは糖尿病です。治療当初の絵日記(PDF)があります。愛猫が糖尿病と診断されて不安な方に参考になればと思い、無料で配布しています。希望される方はメールフォームから連絡ください。

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■拙著のご紹介





■最新記事
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■最新トラックバック
■検索フォーム

■楽天オススメ商品

■RSSリンクの表示
■リンク
■QRコード

QR

■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ドライバーのリズムをパターまで
数あるクラブの中でドライバーが一番好きです。

テークバックの出だしのスピードを一番気にします。

かなりゆっくりです。

この「ゆっくり」を、FWやアイアンでも真似すればいいと、最近気づきました。

「FWでなるべく飛ばそう」「アイアンでグリーンに乗せよう」と考えると、早打ち&手打ちになることに最近、気づきました。

そして、その「ゆっくり」は「パター」でも使えると、先週のゴルフ木曜会で気づきました。

先週はBANGI GRでしたが、ここのグリーンは見かけと違って(?)、とっても速いのです。

今まで10回くらいは回っていますが、一緒に回ってくれる先輩たちが口を酸っぱくして教えてくれますが、ようやく、そのことを私自身の体と頭が理解しました。

こんな感じですから、100が切れないんですね。

やはり、それなりの理由はあるものですが、でも、ゴルフの階段は一歩一歩しか登れないようなので、どころか、ときどき期せずして後ずさりすることもありますが、新しい気づきがあるのは、うれしいことです。




スポンサーサイト


ゴルフ | 08:42:31 | トラックバック(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。