FC2ブログ
 
■プロフィール

しまミーコ

Author:しまミーコ
★岡山県出身。千葉県在住。岡山大学大学院教育学研究科修了後、(株)ベネッセコーポレーションに入社。イラストやマンガ展開の制作を得意とし、ダイレクトメールと幼児・小学生向けの教材制作に携わった。1997年~1999年、主婦の立場でクアラルンプール(マレーシア首都)の英語学校に通い、初心者の英語学習のノウハウを習得する。2000年に編集プロダクションを設立、著作活動も精力的に行い、2006年三修社より『1000人が選んだ一番よく使う旅の英語72フレーズ』を出版(5刷出来)。以降、幼児教育関連及び英語を含む小学校の教科全般での執筆活動も精力的に行う。主な著書に『ようこそ日本へ!写真英語ずかん(全3巻)』『中学英語で話そう 日本の文化(全3巻)』(以上、汐文社)、シリーズ約7万部『ピクサーのなかまと学ぶはじめての科学(全3巻)』(KADOKAWA)など多数。
ホームページ:http://www.ady.co.jp/

★愛猫しまごろうは糖尿病を12年間患い、2018年11月に18歳で永眠しました。治療当初の絵日記(PDF)があります。愛猫が糖尿病と診断されて不安な方に参考になればと思い、無料で配布しています。希望される方はメールフォームから連絡ください。

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■拙編著書のご紹介

■最新記事
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■最新トラックバック
■検索フォーム

■楽天オススメ商品

■RSSリンクの表示
■リンク
■QRコード

QR

■ブロとも申請フォーム
給水制限
先週降った雨は、どうやら、人工降雨のようです。

昨日4日に買った新聞でわかりました。どうりで、いつもの迫力がありませんでした。

クアラルンプールでは、約2カ月近く、まとまった雨が降らず、水不足が懸念されています。ダムの水位が標準を下回っているようです。

と言いつつ、私は「あれ、うちの水道、今日は圧が低いなあ。」くらいにしか思っていなかったというのんき者でしたが、3日に水道工事に来たオッチャン(といっても私より若いだろう)に給水制限のことを聞いて、さすがにあわてたのでした。

ヒトはどうにでもなります。でも、猫たちの水は、大家さんが取り付けてくれた浄水器にプラスして、日本から持ってきたクリンスイの浄水器を取り付けて、それを飲ましています。

あわてて、蒸留水のペットボトルを買いに出かけました。

さて、新聞は「STAR」と「NEW STRAITS TIMES」を買いました。

「STAR」には、給水制限のスケジュールが載っていました。

実施期限は3月2日~31日。給水2日、断水2日を繰り返します。

クアラルンプールを含む該当地域をZonw1とZone2の2つに分けて、この日はZone1のスケジュールについて説明されていました。

4日と5日は断水で、6日から給水が再開します。

ところが、わが家の地域は、Zone1なのか、2なのか、表を見てもわかりません。地区名が載っていないように見えます。

でも、昨日の4日は確かに水圧が低くなったので(ですが、台所の水だけ。オッチャン曰く、ここは国からの水を引いているらしい。バスルームのシャワー、トイレはまったくOK。天井上のタンクのおかげらしい。でも、その水はどこから?)、Zone1だと思ったのですが、今朝は、普通に水が出ます。

そもそも、断水は丸一日ではなさそうですし(ここ数日のわが家の様子では、半日程度)、時間帯は書かれていません。

町内会長さんに聞いたところ、「政府はスケジュールを発表しない(新聞と同じ内容を発表していますが、マレー語なのでわからない)。新聞を見るしかない。」とのこと。

ローカルの友だちグレースも、まったく同じことを言います、「新聞を読め。」と。

しかし、その新聞を見ても、自分の地域が該当しているかどうか、わかりません。該当しないのかも、だとしたら、給水制限がないのかもと思ったのですが、確かに昨日4日は台所の水圧が低かったのでした。

でも、今朝は普通だったし…。わけがわかりません。

友だちのブログを読むと、郊外は地下水を汲んでいるとか? 真偽のほどはわかりませんが、郊外にあるわが家のシャワーとトイレが全然OKなのは、天井の上のタンクはその地下水から引かれているのかもわかりません。すべて、憶測ですが。

なんだか、すべてがモヤモヤとします。クリアな情報がどこで得られるのか、わからないからです。なんせ自分の家の水の仕組みも全然理解できていないのですから。

でも、グレースなんか、平気のようです。コンドミニアムに暮らしていますが、仕事が忙しくて新聞を読む時間もないし、TVのニュースで給水制限のことを少し知るだけ。バケツに3杯水を汲んでいるだけだそうです。

確かに、正確な情報を得ようにもどこを見たらいいのかわからない状態で、右往左往しても意味がありません。

備えをしておけばいいのですね、その「とき」に備えて。その「とき」は、いつかはわからなくても。

そう考えると、猫たちの水は確保したし、ちょっと安心できます。これもマレーシアに染まった証拠ですね。



【追記】

今日は一日、台所の水は通常どおりでした。水圧が低くなる時間はありませんでした。

シャワーもトイレも問題なしでした。う~むむむ。









スポンサーサイト





日常生活 | 10:13:43 | トラックバック(0)