■プロフィール

しまミーコ

Author:しまミーコ
★1962年生まれ、岡山県出身。岡山大学大学院教育学研究科修了。(株)ベネッセコーポレーションで子ども向けの教材制作に携わり、その後独立し、2000年に親友と編プロ・(有)アディインターナショナルを立ち上げる。イラストや漫画展開の執筆や編集を得意とする。趣味はゴルフ。著書に『子どものためのノートのコツ』(全3巻、2刷)、『1000人が選んだ一番よく使う旅の英語72フレーズ』(5刷)などがある。家族は愛猫しまごろう&ミーコと夫。2017年1月現在、編著書は、50冊を超える。

★愛猫しまごろうは糖尿病です。治療当初の絵日記(PDF)があります。愛猫が糖尿病と診断されて不安な方に参考になればと思い、無料で配布しています。希望される方はメールフォームから連絡ください。

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■拙著のご紹介





■最新記事
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■最新トラックバック
■検索フォーム

■楽天オススメ商品

■RSSリンクの表示
■リンク
■QRコード

QR

■ブロとも申請フォーム
3年が経って~東日本大震災
東日本大震災から、丸3年が経ちました。

日本にいようと、マレーシアにいようと、どこにいようと、日本人なら、この事実から逃れられません。

私はまだ被災地に直接訪ねたことはありません。

マスコミ、主にテレビの報道で、状況などを知るだけですが、お世辞にも、ぐいぐい復興が進んでいるという事実は伝わってきません。

震災のあった数か月後から、日本赤十字(ここが最適かどうかは検証します)に毎月わずかですが、お金を送っています。

この約3年間、欠かしたことはありません。

初めて、ここに公表するのですが、何も自慢したいわけではありません。

こういうことは継続しなければ意味がないと思っています。完全な復興までには、気が遠くなるような時間がかかるかもしれいないけれど、ゼッタイにあきらめないで自分ができることを細々とでも続ける(応援する)こと。

これは、私がどこに住んでいようとも続けたいと思っています。そして、一人でも多くの同志を得たいと思い、ここに記します。

「ふるさと」の英訳にもいろいろあるのですよね。先日見たNHKの同時通訳で活躍の長井鞠子さんを取り上げた番組で知りました。

私にできることはまだ何かあるだろうか。

自問自答しながら、今月も、寄付をする予定です。小市民だって、やるときゃやるのです。









スポンサーサイト


日常生活 | 22:21:47 | トラックバック(0)

FC2Ad