■プロフィール

しまミーコ

Author:しまミーコ
★1962年生まれ、岡山県出身。岡山大学大学院教育学研究科修了。(株)ベネッセコーポレーションで子ども向けの教材制作に携わり、その後独立し、2000年に親友と編プロ・(有)アディインターナショナルを立ち上げる。イラストや漫画展開の執筆や編集を得意とする。趣味はゴルフ。著書に『子どものためのノートのコツ』(全3巻、2刷)、『1000人が選んだ一番よく使う旅の英語72フレーズ』(5刷)などがある。家族は愛猫しまごろう&ミーコと夫。2017年1月現在、編著書は、50冊を超える。

★愛猫しまごろうは糖尿病です。治療当初の絵日記(PDF)があります。愛猫が糖尿病と診断されて不安な方に参考になればと思い、無料で配布しています。希望される方はメールフォームから連絡ください。

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■拙著のご紹介





■最新記事
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■最新トラックバック
■検索フォーム

■楽天オススメ商品

■RSSリンクの表示
■リンク
■QRコード

QR

■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ショートゲーム
ショートゲーム。short game。

文字どおり受け取ってしまいがちな、中学校で習う簡単な単語2つの組み合わせですが、ゴルフ用語となると「グリーン周りのプレイ」をいいます(辞典にも載っている英語です)。アプローチ・ショットやパターが含まれますが、アプローチ・ショットにも、ウェッジ・ショット、ピッチ・ショット、チップ・ショット、バンカー・ショット、ロブ・ショットなどがあり、スコアメイクに欠かせない多彩なショットが含まれます。

これらをこれから、クアラルンプールの先生からの提案で学んでいきます。しかも、こちらのよさは、マットの上ではなく、芝生の上から練習できることです。

日本では、ドライバーの飛距離を伸ばすことを当面の目標にしていました。やはり、第一打でできるだけ遠くへ飛ばすと有利ですから。

ですが、よくいわれることですが「その人には持って生まれた飛距離」があります。身長、体重、骨格、筋力など、すぐにどうこうしようのないものが大きく影響します。また、中年すぎてからの体力の衰えを考慮すれば、かつ、趣味で楽しみながらゴルフをしたいという趣旨が加われば、なおさら困難なことといえそうです。

それは、頭ではわかっているつもりでした。

ですが、「無理」と割り切るのは、実はなかなか難しかったのだと、先生にも言われて納得したのでした。もちろん、先生は、私に「あなたの飛距離はもう伸びません。これが限界です。」と言われたわけではありません。私が望めば、飛距離アップのレッスンをしてくれると思います。

ここは、完璧に本人が自覚&決心するしかないレベルのことだと思います。そして、日本で1年半余り、スイングの基本から始めて、飛距離を求めてレッスンした経験があったからこそ、先生の提案どおり「ショートゲームの練習に集中しよう」と素直に決心できたように思います。

1年半というのは、それなりの時間なのだと、改めて思いました。実は、がんばっていたんです、自分!

また、先生に、初回のレッスンでスイングを見ていただいて「日本でいい先生に習いましたね」と言っていただけました。実は、涙が出るほどうれしかったです。自分は、まだまだ、だめだと思い込んでいたので。

レッスンでは、ほめられるというよりはダメなところを指摘してもらって修正していく作業になるので、知らず知らずのうちに、自己評価が低くなることがあります。もともと、自己評価が低く、完璧主義の私は、特にこの傾向が強かったと思います。

せっかく、新しい土地に来たのですから、新しい気持ちで、新しいレッスンを始めようと思います。



【今日の一枚】
一目ぼれで買った鉢植え。ナナシパギゴンベイ。80RMなり。
121218-hachiue.jpg




スポンサーサイト


ゴルフ | 21:47:47 | トラックバック(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。