■プロフィール

しまミーコ

Author:しまミーコ
★1962年生まれ、岡山県出身。岡山大学大学院教育学研究科修了。(株)ベネッセコーポレーションで子ども向けの教材制作に携わり、その後独立し、2000年に親友と編プロ・(有)アディインターナショナルを立ち上げる。イラストや漫画展開の執筆や編集を得意とする。趣味はゴルフ。著書に『子どものためのノートのコツ』(全3巻、2刷)、『1000人が選んだ一番よく使う旅の英語72フレーズ』(5刷)などがある。家族は愛猫しまごろう&ミーコと夫。2017年1月現在、編著書は、50冊を超える。

★愛猫しまごろうは糖尿病です。治療当初の絵日記(PDF)があります。愛猫が糖尿病と診断されて不安な方に参考になればと思い、無料で配布しています。希望される方はメールフォームから連絡ください。

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■拙著のご紹介





■最新記事
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■最新トラックバック
■検索フォーム

■楽天オススメ商品

■RSSリンクの表示
■リンク
■QRコード

QR

■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
糖尿病猫の低血糖症時の症状と対応
糖尿病で怖いのは、血糖値のコントロールができなくて、高血糖になることと低血糖になること。

高血糖の日々が続き、ケトアシドーシスで生死をさまよったことのあるしまごろうですが、おかげさまで低血糖症にはまだなったことがありません。

血糖測定を朝晩しているおかげだと思うのですが、でも、血糖値が想像できない動きをして、思いがけず低血糖になることはときどきありますが、それでも、それが「症」にまで至ったことは、この約8年間の間にありません。

糖尿病猫の親つながりで仲よくさせてもらっているミントさんの猫のミントくん、すでに2回も低血糖症をおこしています。

他人事ではありません。あ、他「猫」事か^^;

その記録をミントさんが日記にアップしてくださっているので、興味のある方はぜひ、こちらをご覧ください。

こんなときこそ、冷静に対応ることの大切さも、同時に知ることができます。

しかし、しまごろうのおかげで、インターネットを通じて、たくさんの猫ママ、猫パパ友だちができました。みんな糖尿病の猫を飼っているので、結びつきも強くなります。他「猫」事ではないですからね。

お互いに情報を交換し、励まし合うこの関係性は、本当にありがたくもうれしいものです。

当人ならぬ当「猫」のしまごろうは、こんなにのんきですけどね。でも、これが一番!

▼お気に入りの安物の椅子の上でのほほんとしているしまごろう
140511-shimagoro.jpg















スポンサーサイト


| 17:43:48 | トラックバック(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。