■プロフィール

しまミーコ

Author:しまミーコ
★1962年生まれ、岡山県出身。岡山大学大学院教育学研究科修了。(株)ベネッセコーポレーションで子ども向けの教材制作に携わり、その後独立し、2000年に親友と編プロ・(有)アディインターナショナルを立ち上げる。イラストや漫画展開の執筆や編集を得意とする。趣味はゴルフ。著書に『子どものためのノートのコツ』(全3巻、2刷)、『1000人が選んだ一番よく使う旅の英語72フレーズ』(5刷)などがある。家族は愛猫しまごろう&ミーコと夫。2017年1月現在、編著書は、50冊を超える。

★愛猫しまごろうは糖尿病です。治療当初の絵日記(PDF)があります。愛猫が糖尿病と診断されて不安な方に参考になればと思い、無料で配布しています。希望される方はメールフォームから連絡ください。

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■拙著のご紹介





■最新記事
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■最新トラックバック
■検索フォーム

■楽天オススメ商品

■RSSリンクの表示
■リンク
■QRコード

QR

■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
マレー語を使うシチュエーション
日常生活のパターンが決まってきました。それに伴い、使うマレー語も変わってきます。「使う」といっても会話レベルではまだ全然無理ですので、今後の希望も合わせて、です。

●ガーディッドハウス
ガードマンとの基本的な挨拶、季節の挨拶

●ローカルの食事のお店
お金に関わることば、メニューに関わることば

●ローカルのスーパー
お金に関わることば、商品問い合わせのためのことば

●タクシー
お金に関わることば、行き先や行き方に関することば

●ゴルフラウンドとレッスン
予約、ゴルフに関するルールや基本的なテクニカルワード。レッスンでは、プラス基本的な挨拶、季節の挨拶

●美容院やフェイシャルサロン
基本的なテクニカルワード、プラス基本的な挨拶、季節の挨拶

一番よく使う単語や言い回しを覚えてしまえば、日常生活に困らないでいられそうです。マレー語を使うシチュエーションをこれからも常に念頭に置いて、そこで使われる単語と言い回しについて、前もって勉強しておくというスタンスで、マレー語を覚えていこうと思います。クアラルンプールには2年間の予定なので、効率的に覚えるためには、やはり学校あるいはマンツーマンレッスンなど、手っ取り早い方法も考えていこうと思っています。







スポンサーサイト


英語とマレー語 | 23:34:40 | トラックバック(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。