■プロフィール

しまミーコ

Author:しまミーコ
★1962年生まれ、岡山県出身。岡山大学大学院教育学研究科修了。(株)ベネッセコーポレーションで子ども向けの教材制作に携わり、その後独立し、2000年に親友と編プロ・(有)アディインターナショナルを立ち上げる。イラストや漫画展開の執筆や編集を得意とする。趣味はゴルフ。著書に『子どものためのノートのコツ』(全3巻、2刷)、『1000人が選んだ一番よく使う旅の英語72フレーズ』(5刷)などがある。家族は愛猫しまごろう&ミーコと夫。2017年1月現在、編著書は、50冊を超える。

★愛猫しまごろうは糖尿病です。治療当初の絵日記(PDF)があります。愛猫が糖尿病と診断されて不安な方に参考になればと思い、無料で配布しています。希望される方はメールフォームから連絡ください。

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■拙著のご紹介





■最新記事
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■最新トラックバック
■検索フォーム

■楽天オススメ商品

■RSSリンクの表示
■リンク
■QRコード

QR

■ブロとも申請フォーム
同じ103でも違う。何が違う?
先日のゴルフ木曜会は、Monterez GCCで行われました。

インとアウトと回って、52+51の103でした。

前回感じたような妙な不安や緊張はありませんでした。

自己ベスト更新(99⇒95)を出した直後のラウンドでは、やはり自分で想像もしなかったプレッシャーを感じる経験をしたので、今回はもうそういうことはなかったようです。

もっといえば、最近は、親しい人とのツーサムや4人のラウンドで100を切ることがときどき出てきたからということもあるでしょう。

さて、今回の103ですが、自己ベストの95を出したときより、自信みたいなものがありました。

それは、パットがよくなっているという実感に裏付けられています。

ゴルフ仲間のH先輩に教わってからというもの、パットへの不安感がとても減りました。

私の使っているパターはこれです。夫のお古です^^。

教えていただいたことは、「ヘッドの重みで打つ」「距離感は振り幅で調整」、この2つです。

私のこのパターはヘッドが重いです。それを自分の腕力に任せて打っていると、コントロールがまったくできませんでした。

妙にショートしたり、妙にオーバーしたり。3パットのみならず、4パットもざらでした。

それが、この2つを意識したとたん、信じられないくらい自分の中に自信を持って振れるようになりました。

95を出したときに、この自信はまだありませんでした。

フィーリングのみが頼り。だから、95が出ても、まぐれとしか思えず、居心地の悪さを感じていたのでした。

でも、今は、ちょっと違います。

たとえ、思ったとおりにできないパットであっても、自分の中で確信して打てているのです。だから、次への反省ができます。

パットは大きいですね~。改めて思いました。








スポンサーサイト


ゴルフ | 18:46:35 | トラックバック(0)

FC2Ad