■プロフィール

しまミーコ

Author:しまミーコ
★1962年生まれ、岡山県出身。岡山大学大学院教育学研究科修了。(株)ベネッセコーポレーションで子ども向けの教材制作に携わり、その後独立し、2000年に親友と編プロ・(有)アディインターナショナルを立ち上げる。イラストや漫画展開の執筆や編集を得意とする。趣味はゴルフ。著書に『子どものためのノートのコツ』(全3巻、2刷)、『1000人が選んだ一番よく使う旅の英語72フレーズ』(5刷)などがある。家族は愛猫しまごろう&ミーコと夫。2017年1月現在、編著書は、50冊を超える。

★愛猫しまごろうは糖尿病です。治療当初の絵日記(PDF)があります。愛猫が糖尿病と診断されて不安な方に参考になればと思い、無料で配布しています。希望される方はメールフォームから連絡ください。

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■拙著のご紹介





■最新記事
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■最新トラックバック
■検索フォーム

■楽天オススメ商品

■RSSリンクの表示
■リンク
■QRコード

QR

■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
欲が深くなる
いつだったか、まだ90台を数回しか出していない状況で、基本的には100切りを目の前の目標にしていて、110~120で回ることが多かったころ、女性のゴルフ仲間とこんなことを話していました。

「ときどき、100が切れるゴルフができるといいなあ。それで十分。」

現在、ときどき100が切れるようになったのですが、そうすると、「ほぼ90台で回れるようになりたいなあ。」と思うようになったのです。

いささか、現状ではこう言い切ってしまうのは、ずうずうしいことではあるのですが、欲のレベルはどんどん上がるものなのですね。いえ、それくらいは50歳も過ぎたオバサンにもわかることですが、ゴルフは違うと思っていたのです。

それくらい100の壁は高かったということです。90台がときどき出ればもう何も望まなくてもいい、みたいに思っていたのです。

ところで、昨日のゴルフ木曜会は、Bangi RCで行われました。

55+54の109。先週の120の呪縛から解き放たれましたから、私的には十分です。

実は、先週120を叩いた後で、ゴルフ場は違いますが、こっそり練習ラウンドを回っていました。

「また、120を叩くのではないか」という恐怖と、戦ってきました。大げさですが。

すると、46+52で、98でした。心からほっとしました。

100が切れないときは、必ずバンカーにボールを入れています。

また、グリーンに乗せるアプローチのクラブの選択の誤り、あるいは残り距離の読み方の誤りで、距離をことごとく、ショートしています。

もしかしたら、番手どおりに打てていないこともあるかもしれません。

とにかく、パー4なら、3オンを目標にしますが、それが、4オンや5オンになります。

そうするとボギーさえも取れなくなります。

そこにガードバンカーが絡むと、トリやダブルパーになります。あるいは二けたになります。

こうなると、100切りはゼッタイできません。

近いうちに、H先輩に診てもらおうと思います。頼りになる先輩がいることは、とてもありがたいです。









スポンサーサイト


ゴルフ | 11:49:53 | トラックバック(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。