■プロフィール

しまミーコ

Author:しまミーコ
★1962年生まれ、岡山県出身。岡山大学大学院教育学研究科修了。(株)ベネッセコーポレーションで子ども向けの教材制作に携わり、その後独立し、2000年に親友と編プロ・(有)アディインターナショナルを立ち上げる。イラストや漫画展開の執筆や編集を得意とする。趣味はゴルフ。著書に『子どものためのノートのコツ』(全3巻、2刷)、『1000人が選んだ一番よく使う旅の英語72フレーズ』(5刷)などがある。家族は愛猫しまごろう&ミーコと夫。2017年1月現在、編著書は、50冊を超える。

★愛猫しまごろうは糖尿病です。治療当初の絵日記(PDF)があります。愛猫が糖尿病と診断されて不安な方に参考になればと思い、無料で配布しています。希望される方はメールフォームから連絡ください。

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■拙著のご紹介





■最新記事
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■最新トラックバック
■検索フォーム

■楽天オススメ商品

■RSSリンクの表示
■リンク
■QRコード

QR

■ブロとも申請フォーム
やりすぎ久美子~国際電話で確認
夫が会社で使っている旅行会社に帰国便を予約してくれました。

猫2匹も予約が必要です。クレートに入れたときの重さとクレートのサイズも求められ、伝えました。

しかし、マレーシアは大好きな国とはいえ、ここは外国。念には念を入れて、国際電話をわざわざかけて、日本のJALに問い合わせしました。

ヒト二人と猫二匹が予約されていました。

猫のために貨物室にスペースも作ってもらえます。どんなスペースなんでしょう? HPを見て、想像するしかありません。

なんで、こんなにナーバスになっているかというと、ペットの輸出入代行を依頼した業者さんが送ってくれた案内書に

「航空会社へは必ず手荷物扱いで連れて帰る予約をお取りください。航空会社によっては 手荷物扱いとカーゴ扱いを間違えて予約を受けるケースが過去多数ございました。間違ってカーゴ扱いで日本に到着した場合、日本側でまったく別な手続き(輸入通関)が発生し時間と費用が掛かってしまいますので注意してください。」

と書いてあったからです。怖すぎません?! もうビックリです!

わが家のしまごろうは糖尿病です。

1日前からご飯を食べさせず、水も飲ませず、インスリン注射をしないで飛行機に乗せます。

少しでも早くわが家に到着して、インスリン注射をすることが何より大切になります。時間との勝負。

高血糖が続いて、危篤状態になった経験があるので、低血糖も怖いのですが、高血糖もとても怖いのです。

数日程度なら大丈夫でしょうが、不測の事態にならないように、事前にできることは何でもしておきたいと思うのです。

ちょっと異常ですよね~。こんなこと、人に話せば、笑いものです。自分でもわかっています。

「やりすぎ久美子」になっています。

でも、私が笑われる分にはまったくOK!

納得のいく準備をしたいと思います。




スポンサーサイト


本帰国 | 20:42:54 | トラックバック(0)

FC2Ad