■プロフィール

しまミーコ

Author:しまミーコ
★1962年生まれ、岡山県出身。岡山大学大学院教育学研究科修了。(株)ベネッセコーポレーションで子ども向けの教材制作に携わり、その後独立し、2000年に親友と編プロ・(有)アディインターナショナルを立ち上げる。イラストや漫画展開の執筆や編集を得意とする。趣味はゴルフ。著書に『子どものためのノートのコツ』(全3巻、2刷)、『1000人が選んだ一番よく使う旅の英語72フレーズ』(5刷)などがある。家族は愛猫しまごろう&ミーコと夫。2017年1月現在、編著書は、50冊を超える。

★愛猫しまごろうは糖尿病です。治療当初の絵日記(PDF)があります。愛猫が糖尿病と診断されて不安な方に参考になればと思い、無料で配布しています。希望される方はメールフォームから連絡ください。

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■拙著のご紹介





■最新記事
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■最新トラックバック
■検索フォーム

■楽天オススメ商品

■RSSリンクの表示
■リンク
■QRコード

QR

■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
考えすぎ久美子~左手親指付け根痛
昨日のゴルフ木曜会は、チェンマイ遠征となり、私は居残り組でした。

ところで、左手甲に痛みを感じて、リハワークスで施術を受けて、約1か月、玉田先生のアドバイスでラウンド後のアイシングが功を奏し、痛みを感じることがなくなりました。

ところが、今度は左手親指付け根に痛みを感じるようになりました。

この痛さは甲の痛さより強いです。

そして、この痛さが、もしかすると、最近の不調の原因かも…と思い当たったのです。

ラウンド中に痛さを感じることはほぼないです。でも、ラウンド後には感じます。

だから、ラウンド後に痛くなりたくないので、無意識のうちに、左手親指をかばっていたと思うのです。最近、ドライバーが不調気味なのですが、もしかして…と思いました。

そうなんです、テークバックしてトップからの切り返しで、左手親指を意識してみて、そのことに気づきました。負担(クラブの重さ)がかからないように、使わないようにしていました。

ここが狂うと、オーバースイングとなり、私の場合、振り切ることもできなくなります。

方向性も距離も悪くなります。

最近、アプローチのミスを感じていましたが、番手が下がるほどクラブは重くなります。重いのは親指に負担です。

だから、ここも、無意識に左手親指に負担をかけないように、トップでそれを使わない意識が働いた気がします。

もちろん、不調なのはこれ一つが原因ではないと思いますが。

ただ、左手親指を意識しないでクラブを振ったら、最後まで振り切れて、ナイスショットが出たので、もしかしてココ?と思ったのでした。

激痛が走る…とかでは全然ありません。

でも、長くゴルフを続けたいと思っているので、ちょっとした痛みなどに敏感になっています。痛みが続いたら、ゴルフができなくなるかもしれない、などと考えて。

「考えすぎ久美子」ですね。今日は。







スポンサーサイト


ゴルフ | 21:35:04 | トラックバック(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。