■プロフィール

しまミーコ

Author:しまミーコ
★1962年生まれ、岡山県出身。岡山大学大学院教育学研究科修了。(株)ベネッセコーポレーションで子ども向けの教材制作に携わり、その後独立し、2000年に親友と編プロ・(有)アディインターナショナルを立ち上げる。イラストや漫画展開の執筆や編集を得意とする。趣味はゴルフ。著書に『子どものためのノートのコツ』(全3巻、2刷)、『1000人が選んだ一番よく使う旅の英語72フレーズ』(5刷)などがある。家族は愛猫しまごろう&ミーコと夫。2017年1月現在、編著書は、50冊を超える。

★愛猫しまごろうは糖尿病です。治療当初の絵日記(PDF)があります。愛猫が糖尿病と診断されて不安な方に参考になればと思い、無料で配布しています。希望される方はメールフォームから連絡ください。

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■拙著のご紹介





■最新記事
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■最新トラックバック
■検索フォーム

■楽天オススメ商品

■RSSリンクの表示
■リンク
■QRコード

QR

■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
プロでさえ…
昨日読んだこの記事に驚きました。

横峯さくら、夫婦で“OKライン”をリセット パットに好感触

“OKライン”という言葉や考え方がいいなあと思っていたのですが、こんな罠もあるようです。

(上記記事より抜粋)

森川さんが提唱する“OKライン”の思考法は、自然と湧き出る「欲」に対して到達ライン(OKライン)を下げることで心のプレッシャーを軽減し、パフォーマンスを向上させるところがミソ。しかし、横峯は、「欲を出して、入れたいと思ってからの“OKライン”なのに、最近は5、6メートルのパットだと『2パットでOK』と、自分の感情にフタをしていた。“OKライン”以前の問題だった」。夫の指導で身につけた“OKライン”を下げる――という思考法が常態化してしまい、本当の無欲状態に陥っていたという。

さくらちゃんはいわばトッププロです。

でもこんなことがあるのですから、我々アマチュアは、このような類の思い込みや無駄な自信や無用な杞憂なんて、たくさんあって当然で、それにスコアが左右されるのがゴルフなのだと、改めて思いました。



スポンサーサイト


ゴルフ | 17:19:57 | トラックバック(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。