■プロフィール

しまミーコ

Author:しまミーコ
★1962年生まれ、岡山県出身。岡山大学大学院教育学研究科修了。(株)ベネッセコーポレーションで子ども向けの教材制作に携わり、その後独立し、2000年に親友と編プロ・(有)アディインターナショナルを立ち上げる。イラストや漫画展開の執筆や編集を得意とする。趣味はゴルフ。著書に『子どものためのノートのコツ』(全3巻、2刷)、『1000人が選んだ一番よく使う旅の英語72フレーズ』(5刷)などがある。家族は愛猫しまごろう&ミーコと夫。2017年1月現在、編著書は、50冊を超える。

★愛猫しまごろうは糖尿病です。治療当初の絵日記(PDF)があります。愛猫が糖尿病と診断されて不安な方に参考になればと思い、無料で配布しています。希望される方はメールフォームから連絡ください。

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■拙著のご紹介





■最新記事
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■最新トラックバック
■検索フォーム

■楽天オススメ商品

■RSSリンクの表示
■リンク
■QRコード

QR

■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
練習もしないでまた言っていた
先日、H先輩と一緒にラウンドしました。

Hコーチと呼ぶと照れて、呼ぶなと怒られるのですが、一緒にラウンドすると、コーチのような視点でいろいろなアドバイスをくれるので、私にはやっぱりコーチなんですが。

H先輩に、パットのとき、インパクトで止めていると指摘されました。

私には全然、その意識がありませんでした。

振り子のように打つように言われて、そのように打っている「つもり」でした。

でも、H先輩曰く「テークバックを大きくし過ぎたかなと思って、その加減をするためにインパクトで止めている。」らしいのです。

でも、指摘されたとおり、その時のパットが手前で止まってしまったのでした。

続いてのパットではそこを意識すると、スムーズに振れて、ホールにボールが吸い込まれました。

こんなふうに自分では気づかないことを指摘してもらえることは、実践的な練習になります。

そして、こんなことをも言われました。

ドライバーのあたりが会心のショットで、「いつもこんなふうに振れるといいのになあ。」と言うと、「練習しなきゃダメ。体に染みつくくらい。」

ガーンと来ました。

体に染みつく…ほど練習していません…。

マレーシアでは、日本の練習料と同じくらいでメンバーシップコースがラウンドできます。

それなら、ラウンドしたほうが楽しいし、実践的だしなどと思って、最近、練習をさぼっていました。

練習もしないで、あーだこーだ言っていたかと思うと、恥ずかしくなりました。

とはいえ、マレーシアでの生活は残りわずか。

送別ゴルフもいくつか入ってきました。

この2か月で上手になろうなんて思わないで、今のレベルで楽しむゴルフをしたいと方針転換です。

もちろんスコアカードは記録しますが、結果に一喜一憂しないで、楽しく回ることを目標にしようと思います。

たぶん、日本に帰ったら、マレーシアほど頻繁にゴルフはゼッタイにできないと思うので、その分、練習すると思います。

2年前に通っていたレッスンにもまた戻りたいと考えています。











スポンサーサイト


ゴルフ | 20:48:19 | トラックバック(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。