■プロフィール

しまミーコ

Author:しまミーコ
★1962年生まれ、岡山県出身。岡山大学大学院教育学研究科修了。(株)ベネッセコーポレーションで子ども向けの教材制作に携わり、その後独立し、2000年に親友と編プロ・(有)アディインターナショナルを立ち上げる。イラストや漫画展開の執筆や編集を得意とする。趣味はゴルフ。著書に『子どものためのノートのコツ』(全3巻、2刷)、『1000人が選んだ一番よく使う旅の英語72フレーズ』(5刷)などがある。家族は愛猫しまごろう&ミーコと夫。2017年1月現在、編著書は、50冊を超える。

★愛猫しまごろうは糖尿病です。治療当初の絵日記(PDF)があります。愛猫が糖尿病と診断されて不安な方に参考になればと思い、無料で配布しています。希望される方はメールフォームから連絡ください。

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■拙著のご紹介





■最新記事
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■最新トラックバック
■検索フォーム

■楽天オススメ商品

■RSSリンクの表示
■リンク
■QRコード

QR

■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
1か月が過ぎました。
日本に本帰国してはや1か月が過ぎました。

ここのところの涼しさはとっても快適ですが、25度前後というのは、クアラルンプールの夜の気温でした。

クアラルンプールの日中は、35度を超えることもありますが、夜は、案外、下がるんです。

だから、熱帯夜のような寝苦しさはほとんどありませんでした。

日本の方がよほど暑いんです、夏の夜は。

さて、1か月を過ぎての感想は、クアラルンプールでの生活が夢のようだった感じで、自分でも驚くほど、日本になじんでいます。

もっと、クアラルンプールに戻りたいと思うかと思ったのですが(なんせ、大好きな街なので)、でも、日本には日本のよさがもちろんあるわけで、それは、やはり、食べ物(和食)が大きいです。

刺身のバリエーションも豊富だし、納豆もバカ高くないし、サルモネラ菌を気にしないで生卵も食べられるし。

今、野菜が高めになっていますが、それでも、お店に旬のものが並んでいるのを見ると、食いしん坊の私はうれしくなります。

クアラルンプールのローカルスーパーで旬を感じたことは一度もありませんでした。

……と書いて、思い出した「旬」のものがありました!

それはドリアン。大好きな果物です。

6月と12月が一応、おいしい時期ということで、ローカルのスーパーやあのイオンでもパック売りで並んでいました。

道路わきに屋台も出て、いろいろなところで食べられたものです。ゴルフの帰りに寄り道して、みんなで食べたこともありました。

私は、その時期には、SS2にある、Durian Buffetに、夫と一緒に食べに行っていました。

平日だと、確か、RM15/大人(約500円弱)で、食べ放題。

でも、そんなに食べられるものではないので、私たちはせっかくだからと、最高級ドリアンの「猫山王」を、RM36/キロで食べていました。二人で、RM60くらい使っていました。

ドリアンは日本では高級食材です。

ドリアンだけは、マレーシアにはかなわないなあ~。

書いてるだけで、よだれが出てきました・・・。











スポンサーサイト


日常生活 | 17:54:09 | トラックバック(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。