■プロフィール

しまミーコ

Author:しまミーコ
★1962年生まれ、岡山県出身。岡山大学大学院教育学研究科修了。(株)ベネッセコーポレーションで子ども向けの教材制作に携わり、その後独立し、2000年に親友と編プロ・(有)アディインターナショナルを立ち上げる。イラストや漫画展開の執筆や編集を得意とする。趣味はゴルフ。著書に『子どものためのノートのコツ』(全3巻、2刷)、『1000人が選んだ一番よく使う旅の英語72フレーズ』(5刷)などがある。家族は愛猫しまごろう&ミーコと夫。2017年1月現在、編著書は、50冊を超える。

★愛猫しまごろうは糖尿病です。治療当初の絵日記(PDF)があります。愛猫が糖尿病と診断されて不安な方に参考になればと思い、無料で配布しています。希望される方はメールフォームから連絡ください。

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■拙著のご紹介





■最新記事
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■最新トラックバック
■検索フォーム

■楽天オススメ商品

■RSSリンクの表示
■リンク
■QRコード

QR

■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
マレーシアのゴルフと比較して
マレーシアではゴルフ天国の日々を送りました。これもひとえに夫のおかげ。感謝、感謝でした。

日本に戻ったら、マレーシアほどではないにしても、もう少しコースに出る予定でしたが、ありがたくも仕事が立て込み、そのチャンスは激減。

腕は、とくにパターの感覚は落ちる一方です。

そのパター、家で練習できるものなので、マットもあるし、すればいいものを、つい怠けてしまうのでした。

ところで、マレーシアと日本のゴルフで大いに違うところに、カート(マレーシアはバギーという呼び方が一般的)があります。

マレーシアでは、充電不足で途中で止まってしまう…なんてことが、日常茶飯事でありました。

日本では私は経験ないし、想像したこともありませんでした。

また、セルフの場合。

日本では終わった後にクラブの拭き掃除と確認をしてもらえますが、マレーシアはあくまで終わりまで自己責任。

私のようにクラブの掃除をしない人間にとっては、次のラウンドも汚れたままのクラブで…なんてことがしょっちゅうでした。

それと、カートのキャディバッグの荷台ですが、日本は角度がついていて、クラブの出し入れがスムーズ。

でも、マレーシアは地面に対して垂直なので、クラブの出し入れに時間がかかることもしばしば。

背が高い人ならいいんでしょうが、156センチだと、不便でした。

マレーシアのゴルフは、不便も多かったということですが、郷に入れば郷に従えの精神の持ち主である私は、そういうことも楽しかった思い出のひとつではあります。








スポンサーサイト


ゴルフ | 21:55:20 | トラックバック(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。