■プロフィール

しまミーコ

Author:しまミーコ
★1962年生まれ、岡山県出身。岡山大学大学院教育学研究科修了。(株)ベネッセコーポレーションで子ども向けの教材制作に携わり、その後独立し、2000年に親友と編プロ・(有)アディインターナショナルを立ち上げる。イラストや漫画展開の執筆や編集を得意とする。趣味はゴルフ。著書に『子どものためのノートのコツ』(全3巻、2刷)、『1000人が選んだ一番よく使う旅の英語72フレーズ』(5刷)などがある。家族は愛猫しまごろう&ミーコと夫。2017年1月現在、編著書は、50冊を超える。

★愛猫しまごろうは糖尿病です。治療当初の絵日記(PDF)があります。愛猫が糖尿病と診断されて不安な方に参考になればと思い、無料で配布しています。希望される方はメールフォームから連絡ください。

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■拙著のご紹介





■最新記事
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■最新トラックバック
■検索フォーム

■楽天オススメ商品

■RSSリンクの表示
■リンク
■QRコード

QR

■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
レッスン復活しました。
すっかりご無沙汰となってしまったゴルフ。先日、習志野カントリー(クイーン)に行ってきました。OUT55、IN57。がっくりして帰ってきました。

昨年7月に帰国して、日本で久しぶりに何回かラウンドして、「マレーシアと比べてなんて平坦で易しいんだろう」と思い、これからの目標を「数回に1回は100を切る」な~んて、豪語して、思い上がっていた時期が恥ずかしいです……。

ここ数か月、ほとんどラウンドできなかったことは大きいでしょう。でも、それ以上に、メンタルが大きい気がしました。

「こんなに練習もラウンドしていないのだから、腕が落ちて当たり前だ」

とずっと思っているんです。マレーシアでは週2回が当たり前でしたから。

先日のラウンドでは、パー4で第3打を、パー5で第4打をことごとくシャンクしました。パーオンは私の飛距離ではできないので、とっても大事な場面になります。

もうがっくりです。

さて、前置きが長くなりました。本題はレッスン復活のこと。さっそく先生にシャンクのことを聞いてみました。ひとつにはメンタル。ゴルフは80%がメンタルだそうです。

もうひとつには、日本のフェアウェイは傷つけるのが悪いくらい、じゅうたんのようにきれい。だから、アプローチでグサッとできない。とのこと。

次回はしっかり振り切ろうと思います。

レッスンでは、パットの練習を6割しています。パターの形状に合わせた打ち方があるそうです。私のは「テーラーメイド ゴースト スパイダー センターシャフト」。パターの重さを利用して打つ。こつんと音が出るくらいがいい。構えたときにパターが両足の真ん中に来る(ボールはやや左寄りになる)など。また、テークバックは小さめがいいそうです。

パット数は30を目標にしています。31なんてこともまれにありますが、40近く叩くことも多々あるので、パットを少しでも安定させたくて、その練習をメインにしています。

ちなみに、ショットに関しては、アドレスしたときのクラブヘッドの向きや、右肩が突っ込みやすい癖をときどき指摘してもらいます。大きなスイングの修正などは、今のところないです。

なので、パットさえ安定すれば、100切りはそんなに難しいことではない……と頭では思うのですが……。

悩みはつきませんなあ~。




スポンサーサイト


ゴルフ | 11:22:36 | トラックバック(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。