■プロフィール

しまミーコ

Author:しまミーコ
★1962年生まれ、岡山県出身。岡山大学大学院教育学研究科修了。(株)ベネッセコーポレーションで子ども向けの教材制作に携わり、その後独立し、2000年に親友と編プロ・(有)アディインターナショナルを立ち上げる。イラストや漫画展開の執筆や編集を得意とする。趣味はゴルフ。著書に『子どものためのノートのコツ』(全3巻、2刷)、『1000人が選んだ一番よく使う旅の英語72フレーズ』(5刷)などがある。家族は愛猫しまごろう&ミーコと夫。2017年1月現在、編著書は、50冊を超える。

★愛猫しまごろうは糖尿病です。治療当初の絵日記(PDF)があります。愛猫が糖尿病と診断されて不安な方に参考になればと思い、無料で配布しています。希望される方はメールフォームから連絡ください。

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■拙著のご紹介





■最新記事
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■最新トラックバック
■検索フォーム

■楽天オススメ商品

■RSSリンクの表示
■リンク
■QRコード

QR

■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
同級生の会に出席しました。
先日、高校の同級生会がありました。都内で、私を含めて十数人(女性3人)が集まったのですが、みんなと会うのは高校卒業以来です。

ということは、34年ぶり?!この数字にまずびっくり。そして、「岡山」で高校時代を過ごした私たちが、社会人となって「東京」で再会することにもびっくりです。「子ども」だった私たちが「大人」になり、34年ぶりに会って飲み会をしたら、どんな感じになるんだろう?ちょっとドキドキしながら会場に向かいました。

久しぶりに会ったみんなは、ちゃんと「大人」になっていました。「同級生の会はこうでなくちゃ!」をまるで事前に打ち合わせしていたかのように、個々がそれぞれの役割(ボケとツッコミ、エピソード披露係、ニコニコ聞く係など)をこなしながら、一夜限りの昔話に花を咲かせたのです。

部活の話。先生の話。クラスの話。卒業アルバムを見ながら、クラスメートをいじる話。誰を覚えている、いや忘れているという「記憶喪失」の話も出ました(←「記憶喪失」はおもに私が担当しました~^^;)。

気が付けば7時からの開始から3時間以上がたっていました。まさにあっという間。52歳といえば、仕事も家族もそして親のことでもいろいろあって当然のお年頃です。でも、みんなの共同作業で楽しい時間を作り上げたのでした。

次はいつかなあ。人生の楽しみがひとつ、増えました。














スポンサーサイト


日常生活 | 00:04:56 | トラックバック(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。