■プロフィール

しまミーコ

Author:しまミーコ
★1962年生まれ、岡山県出身。岡山大学大学院教育学研究科修了。(株)ベネッセコーポレーションで子ども向けの教材制作に携わり、その後独立し、2000年に親友と編プロ・(有)アディインターナショナルを立ち上げる。イラストや漫画展開の執筆や編集を得意とする。趣味はゴルフ。著書に『子どものためのノートのコツ』(全3巻、2刷)、『1000人が選んだ一番よく使う旅の英語72フレーズ』(5刷)などがある。家族は愛猫しまごろう&ミーコと夫。2017年1月現在、編著書は、50冊を超える。

★愛猫しまごろうは糖尿病です。治療当初の絵日記(PDF)があります。愛猫が糖尿病と診断されて不安な方に参考になればと思い、無料で配布しています。希望される方はメールフォームから連絡ください。

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■拙著のご紹介





■最新記事
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■最新トラックバック
■検索フォーム

■楽天オススメ商品

■RSSリンクの表示
■リンク
■QRコード

QR

■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
愛すべきゴルフのオジサマ
ゴルフには、愛すべきお節介がいます。日本にも、マレーシアにも。ときどき、そんなお節介のオジサマに助けられていると感じることがあります。

まずは、近所の打ちっ放しで。

先日のレッスンで、腰を回さないで腕だけでテークバックしていると先生に指摘されて、テークバックではまっすぐ後ろにクラブを引くイメージを持つようにしました。先生の前ではナイスショット連発!自分の感覚はOKと思いました。

しかし。

打ちっ放しで同じようにしているつもりでも、ボールは左へ流れていきます。おかしいなあ、なんでだろう?と思いつつ、打ち続けますが、直りません。

後ろの打席のオジサマ(まったく面識のない人、60歳以上?)とふと目があったら、

「テークバックで腕を体に巻きつかせるようにしてみたら」とワンポイントアドバイスをいただきました。

つまり、腰を回しているつもりでしたが、やはり腕だけでテークバックしていたのです。その後は、まっすぐに飛ぶナイスショットをすることができました。

次に。

先日、久しぶりに楽天の「一人予約」システムで国際レディースへ。ここは家から30分と近く、9ホールを2回まわる距離の短いコースですが、ラウンド練習にはピッタリです。最近、いわゆる本コースで自信喪失している私は、昨年の8月以来、久しぶりに出かけてみたのです。

すると、ここにも愛すべきお節介オジサマ(初対面の方。70歳代)がいらして、「後ろから見て、体幹がこんなにぶれない女性は初めて見た」とおっしゃってくださいました。お世辞もあるでしょう^^;

最近は、本コースで110を叩くことがある話をすると、「今のままのスイングで問題ない。ミスショットをなくす練習あるのみ」「ドライバーがよかった後のセカンドは、いいショットを打たなくちゃいけないと思ってはいけない。前のことは忘れること。各ショットに集中すること」というアドバイスをくださいました。

なるほど~!私はミスショットが増えてるんだ(←今さら~^^;)。そして、それが増えたために、一打一打を引きずることが多いんだと、気づいたのでした。

先日、ふりだしに戻って練習しようと、このブログで書きましたが、それは正しかったようです。100を切れることがある実力があったとしても、練習をしなければすぐに元に戻ってしまうのです。100が切れる実力があれば、練習なんてそこそこでもいいなんてことはあり得ないのです。

ホント、私は浅はかだなあ~。今さら、気づいてるよ~。

愛すべきお節介オジサマのアドバイス、まったくもって、侮れません!初めて会っただけのオジサマたち、さんきゅー!

【追記】
国際レディースでのスコアは、OUT48+IN47でした。感触的に本コース-10です。でも、そんなふうに侮っていると思わぬ落とし穴があるところです。




スポンサーサイト


ゴルフ | 20:10:02 | トラックバック(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。