■プロフィール

しまミーコ

Author:しまミーコ
★1962年生まれ、岡山県出身。岡山大学大学院教育学研究科修了。(株)ベネッセコーポレーションで子ども向けの教材制作に携わり、その後独立し、2000年に親友と編プロ・(有)アディインターナショナルを立ち上げる。イラストや漫画展開の執筆や編集を得意とする。趣味はゴルフ。著書に『子どものためのノートのコツ』(全3巻、2刷)、『1000人が選んだ一番よく使う旅の英語72フレーズ』(5刷)などがある。家族は愛猫しまごろう&ミーコと夫。2017年1月現在、編著書は、50冊を超える。

★愛猫しまごろうは糖尿病です。治療当初の絵日記(PDF)があります。愛猫が糖尿病と診断されて不安な方に参考になればと思い、無料で配布しています。希望される方はメールフォームから連絡ください。

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■拙著のご紹介





■最新記事
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■最新トラックバック
■検索フォーム

■楽天オススメ商品

■RSSリンクの表示
■リンク
■QRコード

QR

■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
スコアがいいとき、わるいとき
ここ2カ月のコンペで「120⇒100」を経験して、なんとなくわかったことがあります。

それは、いいスコアのときは自分なりのスイングがきちんとできている。逆にわるいときは、できていない。第一ホールからできていないと、修正していくのが難しく18ホールが終わってしまう。

このできる加減、できなさ加減は、本当に感覚の問題。言葉で説明するなら、テークバックとトップが決まり(腰が回って左肩がより右に回せている感覚)、そしてトップから手ではなく腰でフォロースルーができる感じです。

理屈はわかってきたのですが、体で再現するのが本当に難しい……。

最近は週一でレッスンを受け、仕事の合間を縫って練習場にも行っています。でも、レッスンでも練習場でも自分なりのスイングができているときとできていないときの波がはっきりとあります。

自分なりのスイングができる確度を上げていくこと。それは簡単にはできないけれど、「地道にコツコツ」(←「まれ」よりパクリ^^)続けるしかない。

ようやくこう思えるようになりました。もうなんで100が切れないんだろうと、あまり悩まないと思います。100切りは、自分なりのスイングが再現できる確度が上がれば自然についてい来る、そんな気持ちなんです。





スポンサーサイト


ゴルフ | 17:41:10 | トラックバック(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。