■プロフィール

しまミーコ

Author:しまミーコ
★1962年生まれ、岡山県出身。岡山大学大学院教育学研究科修了。(株)ベネッセコーポレーションで子ども向けの教材制作に携わり、その後独立し、2000年に親友と編プロ・(有)アディインターナショナルを立ち上げる。イラストや漫画展開の執筆や編集を得意とする。趣味はゴルフ。著書に『子どものためのノートのコツ』(全3巻、2刷)、『1000人が選んだ一番よく使う旅の英語72フレーズ』(5刷)などがある。家族は愛猫しまごろう&ミーコと夫。2017年1月現在、編著書は、50冊を超える。

★愛猫しまごろうは糖尿病です。治療当初の絵日記(PDF)があります。愛猫が糖尿病と診断されて不安な方に参考になればと思い、無料で配布しています。希望される方はメールフォームから連絡ください。

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■拙著のご紹介





■最新記事
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■最新トラックバック
■検索フォーム

■楽天オススメ商品

■RSSリンクの表示
■リンク
■QRコード

QR

■ブロとも申請フォーム
4月のコンペ(2)泉カントリー倶楽部
1.月日
4月某日

2.天気
くもり

3.ゴルフ場
泉カントリー倶楽部 ⇒ こちら

4.距離
WEST(2,937) → SOUTH(2,795)  合計5,732

5.スコア
OUT(55) → IN(56) 合計111(パット36)

6.ネガティブコメント
前日までの雨でフェアウェイの水はけが悪いところがあり、
7Wでぐっさりというのが何度かあった。
何より最後まで合わなかったのがパッティング。
グリーンがとても遅く、打ちきれないで3パットがとても多かった。
また、残り50-60ヤードで、どんなアプローチショットをしたらいいのか、
わかるけど、できないという状況があった。
5メートルほど先の木がスタイミーで、上げるボールが打てないのだ。
転がすアプローチはまったく練習していないので、こういう状況ではまったくお手上げ。
アプローチの手持ちがあまりに少なすぎることに気づいた。

7.ポジティブコメント
納得のいくスイングができる確度が上がれば、
100切りは見えてくると考えるようになって初めてのコンペ。
110を叩いたうち、何度そんなスイングができたかの回数は数えられないが、
印象としてはよくない。だからこのスコア。
こういう考え方をするとスコアに納得できる。
かつ、転がすボールを打つ練習をしていないと、
アプローチができないことを発見。
次回のレッスンで先生に聞いてみよう。
しかし、ミスショットが次のショット、そしてパッティングに影響する。
そんな当たり前のことを100切りにとらわれないでいると、
よくわかるようになる。
とにかく、納得のいくスイングができる確度を練習で上げて行こう。

ちなみに、この日はニアピンとブービー賞をゲットした。
ニアピンはうれしい。




スポンサーサイト


ゴルフコンペ | 22:42:41 | トラックバック(0)

FC2Ad