■プロフィール

しまミーコ

Author:しまミーコ
★1962年生まれ、岡山県出身。岡山大学大学院教育学研究科修了。(株)ベネッセコーポレーションで子ども向けの教材制作に携わり、その後独立し、2000年に親友と編プロ・(有)アディインターナショナルを立ち上げる。イラストや漫画展開の執筆や編集を得意とする。趣味はゴルフ。著書に『子どものためのノートのコツ』(全3巻、2刷)、『1000人が選んだ一番よく使う旅の英語72フレーズ』(5刷)などがある。家族は愛猫しまごろう&ミーコと夫。2017年1月現在、編著書は、50冊を超える。

★愛猫しまごろうは糖尿病です。治療当初の絵日記(PDF)があります。愛猫が糖尿病と診断されて不安な方に参考になればと思い、無料で配布しています。希望される方はメールフォームから連絡ください。

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■拙著のご紹介





■最新記事
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■最新トラックバック
■検索フォーム

■楽天オススメ商品

■RSSリンクの表示
■リンク
■QRコード

QR

■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
糖尿病猫にかかる費用
愛猫しまごろうは、2006年11月に糖尿病と診断されました。すぐにインスリン治療が始まったのですが、適量を見つけるのに時間がかかり(猫の場合はそうなりやすいそう)、一時はケトアシドーシスにかかり、死の淵をさまよいました。動物病院の医師と本猫の生命力でよみがえり、今や、血糖値以外はほぼ健康な、14歳の猫です。

ところで、糖尿病の猫のインスリン治療にはお金がかかります。ちょっと計算してみました。すべて税抜きです。

●インスリン注射液(ランタス)*必須
3,000円(30ml・1か月で効果がなくなると言われていますが、最後まで使えば半年くらい持ちそうで、その半分、3カ月で使用。余ったものは捨てています。)
⇒3,000円×12か月÷3カ月=12,000円

●インスリン用シリンジ(ロードーズ)*必須
540円(1袋7本入り・朝晩の2回なので、2袋で1週間の計算になります。)
⇒540円×2袋×52週=56,160円

●血糖測定用センサー(ニプロ)*任意
3,290円(1箱25枚入り・朝晩2回なので、2箱で25日の計算になります。)
⇒3,290円×2箱×365日÷25日=96,068円

●穿刺器(ニプロ)*任意
500円(1箱25本入り・朝晩2回なので、2箱で25日の計算になります。)
⇒500円×2箱×365日÷25日=14,600円

以上を合計すると、1年で178,828円となり、約18万円。けっこうかかります。
これ以外にも、療養食を食べさせています。固形のw/dです。病気の前に食べさせていたカリカリ&ウェットと比べると数倍します。

ところで、しまごろうの治療開始当初の日々を日記にしていました。希望の方にはPDFを圧縮してお送りしています。このブログ宛にメッセージをお送りください。小さなブログですが、訪ねてくださる方がいて、今でも、毎月数人の方に日記をお送りしています。どうぞ、ご遠慮なく~!









スポンサーサイト


| 17:26:57 | トラックバック(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。