■プロフィール

しまミーコ

Author:しまミーコ
★1962年生まれ、岡山県出身。岡山大学大学院教育学研究科修了。(株)ベネッセコーポレーションで子ども向けの教材制作に携わり、その後独立し、2000年に親友と編プロ・(有)アディインターナショナルを立ち上げる。イラストや漫画展開の執筆や編集を得意とする。趣味はゴルフ。著書に『子どものためのノートのコツ』(全3巻、2刷)、『1000人が選んだ一番よく使う旅の英語72フレーズ』(5刷)などがある。家族は愛猫しまごろう&ミーコと夫。2017年1月現在、編著書は、50冊を超える。

★愛猫しまごろうは糖尿病です。治療当初の絵日記(PDF)があります。愛猫が糖尿病と診断されて不安な方に参考になればと思い、無料で配布しています。希望される方はメールフォームから連絡ください。

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■拙著のご紹介





■最新記事
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■最新トラックバック
■検索フォーム

■楽天オススメ商品

■RSSリンクの表示
■リンク
■QRコード

QR

■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
気負わず、見栄を張らず、マイペースで
フラを習い始めて3か月目に入りました。レッスンは月2回ですが、あっという間に次のレッスンが来るという感じです。

レッスンは、「柔軟体操⇒ステップや手の振りのおさらい⇒新曲に合わせて踊りを習う⇒過去の曲のおさらい」で進みます。

先生は、新人の私に合わせて、ゆったりとした新曲でレッスンをしてくださっています。曲とステップと手の振りのプログラム(?)は先生のオリジナル。「この曲にこのステップと手の振り」というのはないそうです。

ステップの基本も知らない私は、どうやって覚えていいかもわかりません。生徒さんが取るメモの取り方さえわかりません。生徒さんはみなさん、気のいい方たちばかりです。聞けば教えてくださるかもしれませんが、最初からそんなことをしてずうずうしいと思われたらどうしようとか、いろいろ逡巡します。

それで、先生にビデオを撮っていいかと聞いてみました。すると「レッスンでなんとかして覚えることを第一にしている。脳の活性化につながるから」とのお返事でした。生徒さんのほとんどは60歳以上です。

それはとっても一理あります。でも、ビデオで覚えるより時間がかかりますし、みなさんに追いつくのも大変です。

すると「大丈夫。細く長く続けてほしい。1回のレッスンで何か一つ学んでもらえればいいと思っている。気長に」というお返事でした。

気持ちがすっと楽になりました。上手くなることより、長く続けることを第一の目標にしていいと思ったからです。

ところで、これがなかなか、私には難しかったりします。すぐに結果がほしいし(ゴルフなんか特にそう)、田舎の井の中の「優等生蛙」で間違って育ったので、できなくて当たり前なのにできない自分が許せなかったりして、自分を責めることが多いからです。

でも、もう50歳を超えて、体のあちこちに老化を感じ始めていて、「無理は禁物」というのがますます私の中の重要な標語になっている今、こんな発想でフラをとらえられるようになってうれしく思う自分もいます。

気負わず、見栄を張らず、マイペースでフラを続けようと、習い始めて3カ月で思っています。










スポンサーサイト


フラ | 18:14:31 | トラックバック(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。