■プロフィール

しまミーコ

Author:しまミーコ
★1962年生まれ、岡山県出身。岡山大学大学院教育学研究科修了。(株)ベネッセコーポレーションで子ども向けの教材制作に携わり、その後独立し、2000年に親友と編プロ・(有)アディインターナショナルを立ち上げる。イラストや漫画展開の執筆や編集を得意とする。趣味はゴルフ。著書に『子どものためのノートのコツ』(全3巻、2刷)、『1000人が選んだ一番よく使う旅の英語72フレーズ』(5刷)などがある。家族は愛猫しまごろう&ミーコと夫。2017年1月現在、編著書は、50冊を超える。

★愛猫しまごろうは糖尿病です。治療当初の絵日記(PDF)があります。愛猫が糖尿病と診断されて不安な方に参考になればと思い、無料で配布しています。希望される方はメールフォームから連絡ください。

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■拙著のご紹介





■最新記事
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■最新トラックバック
■検索フォーム

■楽天オススメ商品

■RSSリンクの表示
■リンク
■QRコード

QR

■ブロとも申請フォーム
私、スランプのようです(^_^;)
他人事みたいなタイトルの中身は、ゴルフです。ずっと100が切れません。そんなゴルフが、5か月ほどのブランクを経て再開した2月から半年経とうとしています。

そのブランクの5か月で運動不足にもなり、すっかりゴルフの力が落ちたと思っていましたが、その間にゴルフをしていたとしても、このスランプはあったかもしれません。というのも、コンペでご一緒したある女性が自分の状況を教えてくれたことがきっかけです。

彼女は、私のゴルフの状況を「それはスランプよ」と指摘してくれました。ホームコースもお持ちで、もうずっと週一ペースでラウンドされていましたが、突然、昨年11月にスランプに陥り、つい1か月前まで続いていたそうです。

その状態というのは、「101匹わんちゃん(ときどき+2,3)」になる、ときには「百獣の王(110)」、そして120を叩くこともある、というものだそうです。

これって、まさに今の私の状態です。

コンペでは、彼女は48+48で回られて96。とっても満足され、「ようやくトンネルを抜けられた」とおっしゃっておられました。そして、「大門さん、大丈夫。きっとトンネルは抜けられるから。私がそうだったから」と励ましてくださいました。

ところで、スランプは90切りを目指すような上手な人がなるものだと思い込んでいました。100切りを目指す状況でも「スランプ」はあるのだと、教えてもらった気分です。

「101匹わんちゃん」も何度も続くとまるで初心者になった気分になり、とてもとても落ち込むものです。でも、この状態は「初心者返り」ではなく(ここが大事!)、スランプなのだと思えると、確かに抜け出せないスランプはないと、過去のいろいろな経験から想像できます。いつ抜け出せるかは人それぞれですが、「いつか抜けられる」という気持ちを持つことができるのは大きいです。

持つべきものは「ゴル友」ですね~!





スポンサーサイト


ゴルフ | 16:20:51 | トラックバック(0)

FC2Ad