■プロフィール

しまミーコ

Author:しまミーコ
★1962年生まれ、岡山県出身。岡山大学大学院教育学研究科修了。(株)ベネッセコーポレーションで子ども向けの教材制作に携わり、その後独立し、2000年に親友と編プロ・(有)アディインターナショナルを立ち上げる。イラストや漫画展開の執筆や編集を得意とする。趣味はゴルフ。著書に『子どものためのノートのコツ』(全3巻、2刷)、『1000人が選んだ一番よく使う旅の英語72フレーズ』(5刷)などがある。家族は愛猫しまごろう&ミーコと夫。2017年1月現在、編著書は、50冊を超える。

★愛猫しまごろうは糖尿病です。治療当初の絵日記(PDF)があります。愛猫が糖尿病と診断されて不安な方に参考になればと思い、無料で配布しています。希望される方はメールフォームから連絡ください。

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■拙著のご紹介





■最新記事
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■最新トラックバック
■検索フォーム

■楽天オススメ商品

■RSSリンクの表示
■リンク
■QRコード

QR

■ブロとも申請フォーム
愛猫たちの2016年も平安でありますように……!
しまごろうとミーコは同じタイミングで生まれた兄妹(姉弟)。今年の7月で16歳になります。他の兄妹たちは、早世した猫が多いです。同じ家猫でも運命があるようです。

しまごろうは6歳のときに糖尿病と診断され、今年は治療10年目になります。糖尿病歴のほうが健康猫のときより長くなっています。これもひとえに、夫と私が必死に世話をしたからです^^。

というのも、糖尿病と診断されて以来、夫と二人でたった1泊の旅行も行っていません。しまごろうのインスリン注射のためです。病院に預けることもできるかもしれませんが、内弁慶で臆病者のしまごろうを入院させるなんて、とてもできません。

「糖尿病になるなんて、ご馳走でも食べさせたんでしょう」とよく言われますが、まったくそれは当てはまりません。少しでも長生きしてほしいので、人間の食べるものは赤ちゃんのころから一切与えず、動物病院の先生が勧めるペットフードをあげていました。

でも、「なるときはなる」のです。お父さん猫が糖尿病で亡くなったので、遺伝もあるかもしれません。でも、現実には、猫界(?)で、まだ、そこまで実証されていなさそうです。だから、人間に当てはめて想像するだけです。

ところで、しまごろうとミーコをくれた友人曰く「猫は16歳からぐっと年寄りになる」。

子どものころから何匹も飼っている(見送っている)彼女の言葉ですから、説得力があります。

覚悟はしていても、いざ「そのとき」が来たら、うろたえ、悲しみ、もがき、みっともない言動をとることが手に取るように予測できるのですが、それを猫たちには「悟られないように」何とか努力をしたいと思っています。

このお正月には、近所の神社をいくつか回りましたが、10円のお賽銭で夫の願い事の長いこと、長いこと! しまごろうとミーコの健康長寿を祈っていると思われますが、後ろの人が気になる私は、願い事もそこそこに列から外れます。

今年も夫婦そろって「猫の親バカ道」を堂々と進みたいと思います。









スポンサーサイト


| 22:01:11 | トラックバック(0)

FC2Ad