■プロフィール

しまミーコ

Author:しまミーコ
★1962年生まれ、岡山県出身。岡山大学大学院教育学研究科修了。(株)ベネッセコーポレーションで子ども向けの教材制作に携わり、その後独立し、2000年に親友と編プロ・(有)アディインターナショナルを立ち上げる。イラストや漫画展開の執筆や編集を得意とする。趣味はゴルフ。著書に『子どものためのノートのコツ』(全3巻、2刷)、『1000人が選んだ一番よく使う旅の英語72フレーズ』(5刷)などがある。家族は愛猫しまごろう&ミーコと夫。2017年1月現在、編著書は、50冊を超える。

★愛猫しまごろうは糖尿病です。治療当初の絵日記(PDF)があります。愛猫が糖尿病と診断されて不安な方に参考になればと思い、無料で配布しています。希望される方はメールフォームから連絡ください。

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■拙著のご紹介





■最新記事
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■最新トラックバック
■検索フォーム

■楽天オススメ商品

■RSSリンクの表示
■リンク
■QRコード

QR

■ブロとも申請フォーム
日本も怖い
前の日記ではマレーシアもISのテロなど、安全対策を考えたほうがいいと書きましたが、日本も同じ。テロへの恐怖はまだ低いとしても、自動車、自転車への警戒は大いに必要です。

日常的にウォーキングをするようになって、歩道を走る自転車がとても怖いと感じます。背後から、音も立てず通り過ぎていかれると、何かの拍子に体が傾いたときに接触もあるかもしれないと感じることが多いです。

私が自転車に乗るとき、歩行者の横を通り過ぎるときは、「ごめんなさい、後ろから自転車が行きます」と必ず声をかけます。恥ずかしいですが、事故を避けるためです。鈴を鳴らすのは、ちょっと失礼かと思い、声をかけています。変なおばさんですね^^。

自動車は、最近、信号に関係なく、歩道や歩行者にぶつかってくるケースが多いですよね。アクセルとブレーキの踏み間違い、運転手が認知症や危険ドラッグなど、避けることさえもできない事故が多くなっていると感じます。

なので、私は、ウォーキングの際には、変な音や何か気配を感じたら、必ず振り返るようにしています。知らない人が見たら、大げさな、変な行動をしているオバサンにきっと見えることでしょう。でも、いいのです。それで事故が避けられるなら、お互いにいいことですよね。私も加齢による反射神経の鈍さを感じることがありますからね。

それにしても、大変な世の中になりましたよね。自分の身は自分で守る。ますます大切な視点になりそうな気がします。






スポンサーサイト


日常生活 | 19:37:55 | トラックバック(0)

FC2Ad