■プロフィール

しまミーコ

Author:しまミーコ
★1962年生まれ、岡山県出身。岡山大学大学院教育学研究科修了。(株)ベネッセコーポレーションで子ども向けの教材制作に携わり、その後独立し、2000年に親友と編プロ・(有)アディインターナショナルを立ち上げる。イラストや漫画展開の執筆や編集を得意とする。趣味はゴルフ。著書に『子どものためのノートのコツ』(全3巻、2刷)、『1000人が選んだ一番よく使う旅の英語72フレーズ』(5刷)などがある。家族は愛猫しまごろう&ミーコと夫。2017年1月現在、編著書は、50冊を超える。

★愛猫しまごろうは糖尿病です。治療当初の絵日記(PDF)があります。愛猫が糖尿病と診断されて不安な方に参考になればと思い、無料で配布しています。希望される方はメールフォームから連絡ください。

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■拙著のご紹介





■最新記事
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■最新トラックバック
■検索フォーム

■楽天オススメ商品

■RSSリンクの表示
■リンク
■QRコード

QR

■ブロとも申請フォーム
猫ブームに思う~わが家の糖尿病猫をかかえて
今、空前の猫ブームらしい。テレビでも本でも、取り上げ方が確かにすごい。15年も前から猫ブームのわが家からすると、「今頃わかったの?」くらいな気持ちですが。

ところで、わが家の愛猫しまごろうは糖尿病です。6歳のときに診断され、今年、10年目の治療に入っています。ミーコは、大腸炎を患ったことがあり、今は、寛解状態。二匹とも今年の7月で16歳になります。

そうなのです、死ぬまで健康でいられる保証は、猫にもありません。まさか、わが家の猫が病気になるとは思わず、保険にも入っていません。だれもが、飼うときに、病気のことなど想像もしないのが普通だと思います。

でも、ヒト同様に、食事と健康管理がうまくいき、猫も犬も長生きできるようになりました。加齢とともにヒトと同じ病気にかかるようになりました。

ブームに水を差すわけではありませんが、病気になったら、どう対応するのか。最初に考える必要がありそうです。時間もお金も限りがありますからね。

1年前、妹が犬を飼い始めるとき、強く保険に入るように勧めました。わが家の失敗談を教訓にしてもらいました。

ペット保険の比較ができます⇒こちら

ところで、糖尿病猫のしまごろうの治療当初を絵日記(PDF)に記録しました。診断された当初のおろろぶりと親ばかぶり、また、ヒトと同じ血糖測定器を導入する経緯など書いています。

ほしい方には無料で差し上げています。このブログにメッセージをお送りください。かれこれ、5、6年続けていますが、毎月、数名の方からメッセージが届きます。

お互いさまの気持ちで、絵日記を送っています。少しでも役に立てばいいなあと思いつつ……。私も先輩からたくさんの知恵を授けていただいたので……。

















スポンサーサイト


| 12:05:17 | トラックバック(0)

FC2Ad