■プロフィール

しまミーコ

Author:しまミーコ
★1962年生まれ、岡山県出身。岡山大学大学院教育学研究科修了。(株)ベネッセコーポレーションで子ども向けの教材制作に携わり、その後独立し、2000年に親友と編プロ・(有)アディインターナショナルを立ち上げる。イラストや漫画展開の執筆や編集を得意とする。趣味はゴルフ。著書に『子どものためのノートのコツ』(全3巻、2刷)、『1000人が選んだ一番よく使う旅の英語72フレーズ』(5刷)などがある。家族は愛猫しまごろう&ミーコと夫。2017年1月現在、編著書は、50冊を超える。

★愛猫しまごろうは糖尿病です。治療当初の絵日記(PDF)があります。愛猫が糖尿病と診断されて不安な方に参考になればと思い、無料で配布しています。希望される方はメールフォームから連絡ください。

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■拙著のご紹介





■最新記事
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■最新トラックバック
■検索フォーム

■楽天オススメ商品

■RSSリンクの表示
■リンク
■QRコード

QR

■ブロとも申請フォーム
ティグラウンドでの素振りは何回がOKレベル?
ショットを打つ前に必ず素振りをしますよね。私は、アプローチ、パッティング以外は、1回と決めています。ティグラウンドと、フェアウェイウッドと、9番までのアイアンショットです。スムーズな進行のための協力と自分なりのルーティンです。

超初心者の頃、練習もしないでランドするので不安でいっぱいで、ティグラウンドで2回、3回としていたら、先輩に「素振りは1回」と注意を受けました。

今でも、とてもよく覚えています。きっと、自分でもやりすぎている自覚があったのでしょう。そして、こういう指摘は、なかなか言いづらいものです。今ではそのアドバイスに感謝しています。

ところで、先日、とても上手な女性とあるコンペでご一緒する機会がありました。ドライバーは弾道高く、飛距離は180ヤード以上は飛ぶような方です。

でも、ティグラウンドでの素振りは、後ろで必ず2回。アドレスするとき、ドライバーを股関節付近に当てて確認して、ショット。それが彼女のルーティンなんだと理解できました。

そのためにプレイ全体に遅延が出るなどのことはなかったです。

でも。

なぜか、釈然としないものを感じました。

その方は、ラウンド中、しょっちゅう素振りをされます。また、グリーン上で、自分のパットが終わった後ではありますが、練習パットをされます。親睦コンペとはいえ、私はしたことがありません。

その日は、自分の悪いスコアをそのせいにしてしまうほど、心の狭い、小さな人間だ、私は…と思ってしまい、あとで、落ち込みました。

これって、微妙な問題です。ルーティン、癖ですからね、しかも、ある程度、実力のある方の。

そういう方と回るときの対策は、そのルーティンを見ないことです。これしかありません。

しかし、こういうことは超初心者のときにはまったく感じないことだったので、私も少しは成長したのかもしれません^^。








スポンサーサイト


ゴルフ | 12:55:20 | トラックバック(0)

FC2Ad