■プロフィール

しまミーコ

Author:しまミーコ
★1962年生まれ、岡山県出身。岡山大学大学院教育学研究科修了。(株)ベネッセコーポレーションで子ども向けの教材制作に携わり、その後独立し、2000年に親友と編プロ・(有)アディインターナショナルを立ち上げる。イラストや漫画展開の執筆や編集を得意とする。趣味はゴルフ。著書に『子どものためのノートのコツ』(全3巻、2刷)、『1000人が選んだ一番よく使う旅の英語72フレーズ』(5刷)などがある。家族は愛猫しまごろう&ミーコと夫。2017年1月現在、編著書は、50冊を超える。

★愛猫しまごろうは糖尿病です。治療当初の絵日記(PDF)があります。愛猫が糖尿病と診断されて不安な方に参考になればと思い、無料で配布しています。希望される方はメールフォームから連絡ください。

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■拙著のご紹介





■最新記事
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■最新トラックバック
■検索フォーム

■楽天オススメ商品

■RSSリンクの表示
■リンク
■QRコード

QR

■ブロとも申請フォーム
外国での危機管理について~マレーシアを例に
マレーシアに駐在中は、日本とは違うということで、危機管理の意識を常に持って生活していました。

ささいなことですよ。

たとえば、バッグは斜め掛けにする、屋外屋内にかぎらず、バッグを椅子やテーブルの上に置かない(必ず抱えるか膝の上)、車に荷物を残して駐車しない、危ないと思うところへ近づかないなどなど。

なんだ、そんなこと?と思うなかれ! 上記を実行しないでいて、スリや泥棒の被害にたくさん遭ってしまうことが多いのが事実です。

駐在中も「ミーコさんは心配性だから」と言われても、私は意に介さず、自分を守るために気配りしました。私にもし何かあったら、悲しんだり苦しんだり、余計な手間を…(笑)と思いながらも対処してくれるのは、夫をはじめ家族ですからね。

そんな取り越し苦労的な対処が、それほど大げさではないかもしれないと、現在、現地に暮らす人のこの日のブログで確認できました。

JOHOR LIFE ~ジョホール ライフ~ 猫と旦那と南国暮らし

今、マレーシアに暮らす人も、これからマレーシアで暮らす人も、このような危機管理の意識は持っておくべきだろうなあと思います。日本は、なんだかんだ、本当に、お人好しの国です。基本的に、性善説の人が多いですからね。

ですが、特に、50歳をすぎたら、若いころの自分とは違うという意識も持ちたいものです。50歳を過ぎてはや3年の私の心からの実感です。






スポンサーサイト


日常生活 | 17:44:02 | トラックバック(0)

FC2Ad