■プロフィール

しまミーコ

Author:しまミーコ
★1962年生まれ、岡山県出身。岡山大学大学院教育学研究科修了。(株)ベネッセコーポレーションで子ども向けの教材制作に携わり、その後独立し、2000年に親友と編プロ・(有)アディインターナショナルを立ち上げる。イラストや漫画展開の執筆や編集を得意とする。趣味はゴルフ。著書に『子どものためのノートのコツ』(全3巻、2刷)、『1000人が選んだ一番よく使う旅の英語72フレーズ』(5刷)などがある。家族は愛猫しまごろう&ミーコと夫。2017年1月現在、編著書は、50冊を超える。

★愛猫しまごろうは糖尿病です。治療当初の絵日記(PDF)があります。愛猫が糖尿病と診断されて不安な方に参考になればと思い、無料で配布しています。希望される方はメールフォームから連絡ください。

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■拙著のご紹介





■最新記事
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■最新トラックバック
■検索フォーム

■楽天オススメ商品

■RSSリンクの表示
■リンク
■QRコード

QR

■ブロとも申請フォーム
しまごろう、回復
歯根が炎症を起こして、左顎が腫れていたしまごろう。

病院でもらった抗生物質を朝晩2回飲んでいます。今日で、5日目。

すっかりよくなりました。1週間分をもらっているので、明日まで飲んで、また通院します。

この手の腫れは何度でも起こるので、一番いい治療は抜歯。でも、全身麻酔になるし、しまごろうは糖尿病だし、15歳という高齢だし、判断が難しいところです。

痛くて、ご飯も水もそこそこで、1階に置いてあるキャットハウスに入って、一日中丸くなっているのを見ていると、ドキドキと怖かったです。もともとほとんど寝ていますが、ご飯が大好きだし、若いころのようではないにしても、2階にも上がって、適度に運動しています。それが一切見られないと、このままどうなるんだろうと、悪いことを想像してしまいます。

おそらく歯だろうとは思いつつも、顎にできた腫瘍だったらどうしよう・・・なんて、考えてしまいました。その場合、顎ごと外科手術で取ると、以前、同じ病院で、歯茎の治療で言われたことがあるからです。

そうなると何も食べられないし、恐ろしい外見になります。そこまでして生かして猫のQOLは大丈夫と思えるのか・・・とまで実は考えてしまいました。

15歳なんだから、十分、おじいちゃんなんだからと思いますが、やはり近づくその日を想像すると、心は乱れますね。











スポンサーサイト


| 20:34:37 | トラックバック(0)

FC2Ad