FC2ブログ
 
■プロフィール

しまミーコ

Author:しまミーコ
★岡山県出身。千葉県在住。岡山大学大学院教育学研究科修了後、(株)ベネッセコーポレーションに入社。イラストやマンガ展開の制作を得意とし、ダイレクトメールと幼児・小学生向けの教材制作に携わった。1997年~1999年、主婦の立場でクアラルンプール(マレーシア首都)の英語学校に通い、初心者の英語学習のノウハウを習得する。2000年に編集プロダクションを設立、著作活動も精力的に行い、2006年三修社より『1000人が選んだ一番よく使う旅の英語72フレーズ』を出版(5刷出来)。以降、幼児教育関連及び英語を含む小学校の教科全般での執筆活動も精力的に行う。主な著書に『ようこそ日本へ!写真英語ずかん(全3巻)』『中学英語で話そう 日本の文化(全3巻)』(以上、汐文社)、シリーズ約7万部『ピクサーのなかまと学ぶはじめての科学(全3巻)』(KADOKAWA)など多数。
ホームページ:http://www.ady.co.jp/

★愛猫しまごろうは糖尿病を12年間患い、2018年11月に18歳で永眠しました。治療当初の絵日記(PDF)があります。愛猫が糖尿病と診断されて不安な方に参考になればと思い、無料で配布しています。希望される方はメールフォームから連絡ください。

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■拙編著書のご紹介

■最新記事
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■最新トラックバック
■検索フォーム

■楽天オススメ商品

■RSSリンクの表示
■リンク
■QRコード

QR

■ブロとも申請フォーム
しまごろうの歯が抜けた。
4月6日(土)、リビングにいた夫が「あー!」と叫び、「コロン」という小さな音が聞こえました。

続いて、「しまごろうの歯が抜けた!」と夫の声が聞こえてきました。しまごろうの歯が抜けて、リビングの床に落ちたようです。

落ちた歯は、左下の犬歯です。歯周病で歯茎が赤くはれていて、いつも黒っぽいよだれを出していました。

おそらく痛かったと思います。最悪、抜歯も考えていました。いつも診てもらっている動物病院の先生は、「自然に抜けてくれるといいですけどね」と言っていました。16歳の老猫に全身麻酔をかけての抜歯手術は避けたいからです。

ここ1か月でしょうか、しまごろうの年寄り化が一気に進んでいる気がします。歩き方はよぼよぼがひどくなっているし、ご飯の量も減った気がします。そして今回の歯抜け・・・。

糖尿病の血糖値のコントロールも難しくなっていると感じます。

ご飯も、糖尿病食のw/dのカリカリから、一般高齢猫用のウェットに変えようかと考えています。これまでも、血糖値が下がりすぎたときには与えてきていました。しまごろうは、ウェットのw/dは食べてくれません。

うれしそうに、おいしそうに食べてくれるご飯がいいだろうという飼い主の自己責任による判断です。



今年は、一抹の寂しさを感じるGWとなりました。










スポンサーサイト





| 18:30:33