■プロフィール

しまミーコ

Author:しまミーコ
★1962年生まれ、岡山県出身。岡山大学大学院教育学研究科修了。(株)ベネッセコーポレーションで子ども向けの教材制作に携わり、その後独立し、2000年に親友と編プロ・(有)アディインターナショナルを立ち上げる。イラストや漫画展開の執筆や編集を得意とする。趣味はゴルフ。著書に『子どものためのノートのコツ』(全3巻、2刷)、『1000人が選んだ一番よく使う旅の英語72フレーズ』(5刷)などがある。家族は愛猫しまごろう&ミーコと夫。2017年1月現在、編著書は、50冊を超える。

★愛猫しまごろうは糖尿病です。治療当初の絵日記(PDF)があります。愛猫が糖尿病と診断されて不安な方に参考になればと思い、無料で配布しています。希望される方はメールフォームから連絡ください。

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■拙著のご紹介





■最新記事
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■最新トラックバック
■検索フォーム

■楽天オススメ商品

■RSSリンクの表示
■リンク
■QRコード

QR

■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
義祖母、100歳で大往生でした。
夫の祖母が100歳で他界。大往生でした。

急なことで飛行機の手配ができず、お葬式だけの参加で夫は日本に一時帰国。私も一緒に帰りたかったのですが、しまごろうのインスリンの注射当番をしなければならないので、マレーシアに残りました。

これが、自分たちの親だと考えると、なかなか難しい判断になりますが、夫か私か、どちらかが実の親の葬式に間に合うように帰り、どちらかが遅れてお線香をあげに帰るでしょう。

猫のために親の葬式にも間に合わないとは・・・と後ろ指差されても、しまごろうの命には代えられません。

また、ペットは日本に行くときは「輸入」になり、その申請手続きがあるため、ヒトと違い、チケットが手配できさえすれば、すぐに帰れる・・・というものでもないのです。

それに、十何時間の空の旅の負担も味わわせたくないですしね。

今度、猫たちが飛行機に乗るときは、クアラルンプールの家を引き払って、日本に完全帰国するときです。それまで、猫たちには健やかに暮らしてほしいです。

そして、常夏の空の下で、義祖母の冥福を心から祈りたいと思います。










スポンサーサイト


日常生活 | 16:46:04 | トラックバック(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。