■プロフィール

しまミーコ

Author:しまミーコ
★1962年生まれ、岡山県出身。岡山大学大学院教育学研究科修了。(株)ベネッセコーポレーションで子ども向けの教材制作に携わり、その後独立し、2000年に親友と編プロ・(有)アディインターナショナルを立ち上げる。イラストや漫画展開の執筆や編集を得意とする。趣味はゴルフ。著書に『子どものためのノートのコツ』(全3巻、2刷)、『1000人が選んだ一番よく使う旅の英語72フレーズ』(5刷)などがある。家族は愛猫しまごろう&ミーコと夫。2017年1月現在、編著書は、50冊を超える。

★愛猫しまごろうは糖尿病です。治療当初の絵日記(PDF)があります。愛猫が糖尿病と診断されて不安な方に参考になればと思い、無料で配布しています。希望される方はメールフォームから連絡ください。

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■拙著のご紹介





■最新記事
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■最新トラックバック
■検索フォーム

■楽天オススメ商品

■RSSリンクの表示
■リンク
■QRコード

QR

■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
中古車購入(1)
自宅がどこにあるかにもよりますが、公共交通機関があまり発達しているとはいえないクアラルンプールでは、日焼けも避けたい理由もあり、車は必須。普段は、タクシーを利用しています。

初乗りが3RM(約90円)。電話で呼んだ場合の迎車代は2RM(約60円)。私の今の行動範囲であれば、片道10RM(300円以下)でどこにでもほぼ移動ができます。

とっても安上がりで便利です。

ただ・・・。

家から電話した際に、朝夕のラッシュアワーの時間帯で「No taxi.」と言われ、スコールの時間帯(おもに午後から夕方)も「No taxi.」と言われます。

出先で流しのタクシーを拾うときも、場所を告げて断られることもあります。

私はほとんど行かないクアラルンプール中心地では、メーターを動かさないで法外な金額を要求するタクシーもまだいると聞きます。ローカルの友だちが「中心地ではタクシーに乗るな」と忠告をくれるほどですから。

幸い、近所で乗る分にはそんな経験はまだないのですが、「もしかしたらこのタクシーはいつもと違うかも・・・。」と頭をよぎる不安はいつもあります。

これらのストレスは積もると案外大きくて、来た早々は、「こっちは車がないと不便だよ。買おうか。」と言ってくれる夫に対して「税金が高くて車はお金がかかるから要らない。」と節約主婦の名前がほしくて豪語していた私ですが、5か月もたつと「やっぱり買ってください。」と気持ちが変わってきました。

日本にいても車に乗っていましたから、いずれにしてもかかる経費ですし、駐在を終えて日本に帰るとき、そこそこの値段で売れるというのを聞いていたので、思い切って、車の購入を検討することになりました。

新車は必要ないので、中古です。

中古車は口コミで買うのが一番いいと、夫がローカルの同僚から聞いたようで、駐在員の同僚がやはりこちらの生活が5が月経って奥さんと子どもののために中古車を買ったという話を聞き、そのディーラーを教えてもらいました。

夫から私に送られてきた情報は、同僚からの転送メールで、書かれていたのは担当者の名前と携帯番号だけです。

「え? ウェブとかないの? 事前に、情報を集めたいんだけど。」

と尋ねたところ「そんなものはない! アポを取って話を聞いてきてほしい。」と言われてしまいました。

日本を離れるときには、ガリバーに頼んで、するするっと車を売ってきた身としては、なんだか、手間のかかりそうな展開になりそう・・・で、早くも気が重くなりました・・・。










スポンサーサイト


日常生活 | 17:39:42 | トラックバック(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。