■プロフィール

しまミーコ

Author:しまミーコ
★1962年生まれ、岡山県出身。岡山大学大学院教育学研究科修了。(株)ベネッセコーポレーションで子ども向けの教材制作に携わり、その後独立し、2000年に親友と編プロ・(有)アディインターナショナルを立ち上げる。イラストや漫画展開の執筆や編集を得意とする。趣味はゴルフ。著書に『子どものためのノートのコツ』(全3巻、2刷)、『1000人が選んだ一番よく使う旅の英語72フレーズ』(5刷)などがある。家族は愛猫しまごろう&ミーコと夫。2017年1月現在、編著書は、50冊を超える。

★愛猫しまごろうは糖尿病です。治療当初の絵日記(PDF)があります。愛猫が糖尿病と診断されて不安な方に参考になればと思い、無料で配布しています。希望される方はメールフォームから連絡ください。

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■拙著のご紹介





■最新記事
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■最新トラックバック
■検索フォーム

■楽天オススメ商品

■RSSリンクの表示
■リンク
■QRコード

QR

■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
メイバンクマレーシアオープン初日の観戦
今日から、メイバンクマレーシアオープンが、KLGCCで行われます。

家から5分の会場です。もううれしくて、初日の今日、朝から見に行きました。

平日だから空いているだろう…と思いながら8時半ごろ着いたのですが、駐車場と化した道路(毎回のことです)に車が停められそうなところはありません。係員の手引きで奥まで行って、今まで入ったことも通ったこともない道に停めるように指示されました。

入口からそう遠くなく、ラッキーでした。

チケットは当日1日券を購入。13RM、約400円です。

生の観戦は、お目当ての選手と一緒に回るのが最高に楽しいです。

うまく行ったときのガッツポーズや、思い通りにいかなかったときの悔しがり方(八つ当たりの仕方ともいう)など、TVではなかなか見ることができない選手のリアルな表情を、18ホールかけて、全部事細かく見られるわけですから。

人間臭くてそこが生の観戦の醍醐味の一つです。

そして、何より、プロのボールの弾道はすごい! とても同じボールを打っているとは思えません!

もちろん、プロ仕様のボールだったり、クラブだったり・・・を使うわけで、もちろんプロの技術は大前提として、比較する方がどうかしているのですが、プロのショットは清々しくて、神々しくて、思わず、手を合わせたく拝みたくなるほど、すごいです。

夏は汗でシャツもパンツも汗じみができるほどですが、私が回った組の選手のパンツ(というよりスラックスに近い)は、お尻の周りが汗で色が変わっていました。生地のせいと、色がグレーで目立っていました。

着替えることもできませんし、ま、本人もそんなこと気にしていられないのでしょうが、そういうことも含めて「見られる」職業ですよね、プロゴルファーは。

私のお目当ては小林正則選手。2011年の「とうとうみ浜松オープン」のプレーオフで遼くんに勝った、あの小林選手です。

優勝インタビューでは、着飾らず、ほのぼのとしたお人柄のよさがにじみ出ていて、背が高くてスタイル抜群なのに、ちょっと猫背なのはこういうお人柄によるのかもしれない(←どういうこじつけ?)などと、想像したのを、実は今でも覚えていて、今日、見たときも、やはり、ちょっと猫背でいらっしゃいました。

さて、今日は平日ですし、日本人選手を見て回る人はそういないだろう・・・と思ってはいましたが、私一人が3人の組につくことになりました(午後は白人男性二人とローカル男性が一人加わりました)。

ゴルフの出で立ちで観戦に出かけましたが、その恰好は誰がどう見ても私は日本人ですから(黒髪に厚化粧、日焼け止め対策のインナーなど)、誰がどう見ても小林選手の応援と思われて間違いないでしょう。

それはもちろんかまわないのですが、3ホール回ったあたりでしょうか、小林選手がセカンドショットを打った後で、「静かに!」プラカードを持っているボランティア女性スタッフに「彼はあなたのハズバンドなの?」と聞かれたのには、ぶっ飛びました。

日本では、こんなふうにスタッフから声をかけられることはまずありません。ピリピリと「見張り」をしていますからね。

また、さすがに息子とまではいえないまでも、確実に小林選手のお母さんの年齢に近いであろう私に対しての言葉で、小林選手に気の毒すぎます。

あまりに申し訳なくて大きく「NO!」と答えたのですが、どうせ誰にもわからないのですから「YES」と言っておけばよかったと、悪乗りおばさんは後で考えてしまいました。

それにしてもそんなに若く見えたのかしら(←ずうずうしい!)と途中の休憩所でトイレの鏡を見て愕然! 汗で徐々に厚化粧が剥がれ落ちている、年相応のおばさんの顔が写っているだけでした。

小林選手は、実は、私がKLGCCでレッスンを受けている先生の同期だそうです。それもあって、思い入れが余計に入っての観戦でしたが、初日のスコアはイーブンパー。

小林選手がショットするときにかぎって、ヘリコプターがバラバラと大きな音で近づいて去り、また、パットのときにコーランの音が急に流れてくるのでした。

けれど、悪いライからのリカバリーショットはさすがプロです。また、ここぞというところもパットも決めていました。

・・・な~んて、解説できるほどのレベルではないので、底が知れないうちにやめておきます。

何とか、決勝まで進んで、ビッグスコアを出して(小林選手にはこれが期待できる!)、クアラルンプールでいい思い出を作ってほしいです。

しかし、炎天下の中をスルーで回ると、18ホール後には足ががくがくになりました。ラフの斜面をほとんど歩くので余計なのですが、やっぱり、へたくそでも、自分でプレイすると、ここまで疲れないかなあとも思ったりしました。











スポンサーサイト


ゴルフ | 13:34:17 | トラックバック(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。