■プロフィール

しまミーコ

Author:しまミーコ
★1962年生まれ、岡山県出身。岡山大学大学院教育学研究科修了。(株)ベネッセコーポレーションで子ども向けの教材制作に携わり、その後独立し、2000年に親友と編プロ・(有)アディインターナショナルを立ち上げる。イラストや漫画展開の執筆や編集を得意とする。趣味はゴルフ。著書に『子どものためのノートのコツ』(全3巻、2刷)、『1000人が選んだ一番よく使う旅の英語72フレーズ』(5刷)などがある。家族は愛猫しまごろう&ミーコと夫。2017年1月現在、編著書は、50冊を超える。

★愛猫しまごろうは糖尿病です。治療当初の絵日記(PDF)があります。愛猫が糖尿病と診断されて不安な方に参考になればと思い、無料で配布しています。希望される方はメールフォームから連絡ください。

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■拙著のご紹介





■最新記事
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■最新トラックバック
■検索フォーム

■楽天オススメ商品

■RSSリンクの表示
■リンク
■QRコード

QR

■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
パターの癖
自分が持っているパターの癖を知ることはとても大切だと、先生に教わりました。

今週は、「3メートルのまっすぐのライン」「長めのスライスラインとフックラインライン」「3メートルのスライスラインとフックライン」を練習しました。

なんとか、まっすぐのラインは、続けて打つこともあり、10球1セットを数回するうちに、1セットすべてをカップインできましたが、スライスとフックが入ると、その長さにもよりますが、癖が出まくりました。

長い距離になると、届かないことが多いです。テークバックが小さいようです。

短いラインでも、短いテークバックで、まっすぐ引いてまっすぐ出すことができません。特にスライスの場合、カップの左ボール1個を目標に定めたら、その方向にまっすぐ引いてまっすぐ出せばいいのに、気持ちの中で、左に抜けてしまう恐怖があるのでしょうか、フォローでヘッドが右に流れてしまいます。

またまた先生に真似されたのですが、すっごく変! おかしい! 笑える!

ボールを打った後にヘッドでボールをコントロールしている仕草と言われましたが、まさにそのとおりです!

そして、自分ではまったく気付いていませんでした、この癖。

その強制方法としては、パターのヘッドの幅に合わせて2本の長い棒(クラブでもよい)を置き、その外側にヘッドが出ないようにするというものです。

この2本の線があれば大丈夫だろうと思っても、ヘッドは、外へ出る!出る!です。

長年ついた癖を直すのは、難しそうですが、自分の癖がわかったというのは大きいように思います。

練習あるのみ!ですね。









スポンサーサイト


ゴルフ | 19:23:55 | トラックバック(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。