■プロフィール

しまミーコ

Author:しまミーコ
★1962年生まれ、岡山県出身。岡山大学大学院教育学研究科修了。(株)ベネッセコーポレーションで子ども向けの教材制作に携わり、その後独立し、2000年に親友と編プロ・(有)アディインターナショナルを立ち上げる。イラストや漫画展開の執筆や編集を得意とする。趣味はゴルフ。著書に『子どものためのノートのコツ』(全3巻、2刷)、『1000人が選んだ一番よく使う旅の英語72フレーズ』(5刷)などがある。家族は愛猫しまごろう&ミーコと夫。2017年1月現在、編著書は、50冊を超える。

★愛猫しまごろうは糖尿病です。治療当初の絵日記(PDF)があります。愛猫が糖尿病と診断されて不安な方に参考になればと思い、無料で配布しています。希望される方はメールフォームから連絡ください。

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■拙著のご紹介





■最新記事
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■最新トラックバック
■検索フォーム

■楽天オススメ商品

■RSSリンクの表示
■リンク
■QRコード

QR

■ブロとも申請フォーム
車の生活スタート
自動車での移動を基本にしているかのような道路・交通状況では、車がない生活は不便を強いられます。

タクシーの移動も今のところ、ふっかけられたり・・・などはないのですが、タクシー会社に電話すると、雨の時間帯やラッシュの時間帯では「ノータクシー」と言われることがしばしば。このストレスはたまると結構大きいです。

そして、この2回目の駐在では、私専用の自動車を持つことになりました。

プロドゥア社のNautica(ノートティカ)、中古車です。四駆で座席が高いのが何より気に入りました。

助手席に置いたバッグを、信号待ちでバイク集団スリに窓ガラスを壊されて奪われる事件に少しでもあわないで済む確率の高さを信じることが、地元の大衆車Myvi(マイビー)を新車で買うことより優先しました。

日本では大衆車スズキのワゴンRに乗っていました。

さて、車を購入したものの、クアラルンプールの道路は車に親切ではありません。間違えたルートを選ぶとすぐにUターンできなくて、延々と走らされる、出口を間違えるとなかなか元に戻れない、という車の運転も得意ではない、さらに地図を読めない私としては、ナビが手放せません。

ところが、マレーシアで標準的に使われるカーナビ「ガーミン」が、また、なかなか曲者だったりします。

直近の道しか表示してくれないので、全体の中の自分の位置を把握するのが難しいですし、フリーズすることもしばしばあるとか?!

しかし、郷に入ればなんとかで、できる範囲で運転するしかありません。

慣らし運転をしばらくしつつ、車で行ける範囲を増やしたいと思います。






スポンサーサイト


日常生活 | 20:22:15 | トラックバック(0)

FC2Ad