■プロフィール

しまミーコ

Author:しまミーコ
★1962年生まれ、岡山県出身。岡山大学大学院教育学研究科修了。(株)ベネッセコーポレーションで子ども向けの教材制作に携わり、その後独立し、2000年に親友と編プロ・(有)アディインターナショナルを立ち上げる。イラストや漫画展開の執筆や編集を得意とする。趣味はゴルフ。著書に『子どものためのノートのコツ』(全3巻、2刷)、『1000人が選んだ一番よく使う旅の英語72フレーズ』(5刷)などがある。家族は愛猫しまごろう&ミーコと夫。2017年1月現在、編著書は、50冊を超える。

★愛猫しまごろうは糖尿病です。治療当初の絵日記(PDF)があります。愛猫が糖尿病と診断されて不安な方に参考になればと思い、無料で配布しています。希望される方はメールフォームから連絡ください。

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■拙著のご紹介





■最新記事
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■最新トラックバック
■検索フォーム

■楽天オススメ商品

■RSSリンクの表示
■リンク
■QRコード

QR

■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
レッスンとラウンド
とっても貴重な体験をしました。

先週末、夫の元同僚プル(インド系マレー人)がメンバーであるスバンインターナショナルでラウンドしました。

夫と私にはキャディとバギーをつけてくれたのですが(プルは手引きカート。電動機付き)、そのキャディーのアドバイスがことごとく、今の私にピッタリだったのです。

・好きなクラブであるドライバーと4Wが当たらない。
・ショートゲームでのクラブ選択に迷う。

120台のスコアを出して、もうゴルフをやめた方がいいかもしれないと思って、暗い気持ちで出かけたのですが、キャディの的確なアドバイスで、ドライバーも4Wも打てたのです。

打てていたものが打てなくなると、本当に落ち込みますし、原因が自分ではわからないレベルなのです、私。

ドライバーは、右肩が突っ込んで、かつ、ヘッドアップしていました。そこを指摘されました。

4Wは、ダフリが多いので、アドレスでクラブヘッドを地面から浮かせるように指摘されました。

この2点を守っただけで、不思議なくらい、打てるようになったのです!

この2点は、レッスンで先生には指摘されません。

なぜなら、ドライバーは練習場では、先生の言うとおりにできるから。

4Wは、ラウンドでの私の状況をご存じないから。

レッスンでスイングを固めることはとっても大事!この5か月手を抜いて、よくわかりました。

そして、それはそれで大切ですが、ラウンドでは臨機応変に自分のおかしいところを矯正することも大事。

この矯正は、自分でできるようにならなければ、いけないということにも気づきました。先生に見てもらっていると緊張感はありますが、安心感のほうが上で、自信も持ってスィングできます。

でも、ラウンドでは、池だったり、バンカーだったり、微妙なアンジュレーションだったりで、さまざまな状況に置かれて、自分で考えて、クラブを選択して、打ち方を選択して、進まなければいけませんが、迷いが出て、自信もなく、その結果、失敗につながっていきます。

レッスンとラウンドは両輪で進めていくのがいいということを、体で実感したラウンドでした。キャディーさんは、私のお抱えキャディのようにぴったりとついてくれ、スコアも110台でまとめられました。

ほんの少しの進歩ですが、少し自信を取り戻せた気がしたのも事実です。

もちろん、キャディさんが言ってくれたことが自分でわかるようになることが最終目的です。











スポンサーサイト


ゴルフ | 17:56:54 | トラックバック(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。