■プロフィール

しまミーコ

Author:しまミーコ
★1962年生まれ、岡山県出身。岡山大学大学院教育学研究科修了。(株)ベネッセコーポレーションで子ども向けの教材制作に携わり、その後独立し、2000年に親友と編プロ・(有)アディインターナショナルを立ち上げる。イラストや漫画展開の執筆や編集を得意とする。趣味はゴルフ。著書に『子どものためのノートのコツ』(全3巻、2刷)、『1000人が選んだ一番よく使う旅の英語72フレーズ』(5刷)などがある。家族は愛猫しまごろう&ミーコと夫。2017年1月現在、編著書は、50冊を超える。

★愛猫しまごろうは糖尿病です。治療当初の絵日記(PDF)があります。愛猫が糖尿病と診断されて不安な方に参考になればと思い、無料で配布しています。希望される方はメールフォームから連絡ください。

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■拙著のご紹介





■最新記事
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■最新トラックバック
■検索フォーム

■楽天オススメ商品

■RSSリンクの表示
■リンク
■QRコード

QR

■ブロとも申請フォーム
ゴルフネタが多い理由と筋肉痛
ふだん、なかなか連絡の取れない知り合いには「マレー通信を読んでね。日常生活のことを書いているので」と伝えています。

「日常生活」といいながら、ゴルフネタが多いです。その理由は、マレーシアにいるゴルフ仲間と今でもつながっていて、お互いのラウンドをレポしあって切磋琢磨しているからです。

私の帰国後のゴルフの体たらくをレポするのはホントに気が引けるのですが、そういうのも込みで、ゴルフ仲間とはつながっています。もうすぐ帰国して1年になりますが、うれしいかぎりです。

基本的には安定して100を切るにはどうしたらいいかが、最大の課題。阻む原因はパットとバンカー。

ところが、私はパットの練習のし過ぎ(たぶん?)で、お尻と太ももの付け根を痛めてしまい、歩いても痛い状態になってしまいました…。情けない…。

最近、アコーディアガーデン船橋で打ちっ放しをしていますが、時間貸しなので、アプローチの練習でなるべくたくさんの球を打っていて、そのせいも大いにあると思っていて、お尻の筋肉が悲鳴をあげたといえそうです。

今までゴルフのよる故障などはない状況でしたが、ついに、経験することになったようです。真のゴルフバカの仲間入りですね。うれしいくらいです←負け惜しみ~(笑)

念のため、整形外科に行って腰のレントゲンを撮りましたが、異常はなし。ストレッチをこまめにするようにと医師より指示がありました。ストレッチはつい、怠ってしまうので、意識的にする必要がありますね。

100切りと同時に、今後の大きな課題となりそうです。










ゴルフ | 19:14:44 | トラックバック(0)
4~5月中旬にかけてのラウンド総括
いよいよゴルフシーズンの到来ですね!

4月から誘われれば出かけるようにしていますが、声がかかる回数が多くなってきました。

最近は、スコアより(もちろんまったく無視はできませんが)、自分の納得できるスイングができているかどうかを基準にしたラウンドを心がけています。

こんな感じで回っています。

●千葉国際CC
105。パットは37。ここは昨年4月の一時帰国で100を切ったところ。直前の自治会コンペで泉CCを回って重いグリーンにてこずったが、その意識が残っていて、パットが思うように打てなかった。スイングはやや納得。

●ムーンレイク市原CC
104。パット36。私が通うゴルフ教室でラウンドレッスンが行われるところ。やはりグリーンで悩んだ。スイングはやや納得。

●真名CC
102。パット39。ショートホールでバーディ取るも、グリーンにまったく合わせられなかった。スイングはやや納得。

●習志野CCクイーン
101。パット33。一番、回数を行っているところ。14回のドライバーで13回が思い通りに振れた。FWもよかった。かなり満足できるスイングができた。

ざっと書き出すとこんな感じですが、スコアがまとまっているのがわかります。

ところで、納得のいくスイングというのは、自分の感触でしかありませんが、結果にはこだわります。思ったところにまっすぐに飛ばせること。

スイングにこだわるとスコアもまとまってくるんだと実感できたラウンドでしたが、つい先日、また習志野CCクイーンに行ったところ、105(パット37)でした。その数日前に出した101と4つしか違いませんが、スイングがバラバラで、よく105で回れたと思ったほどです。

こんなふうに、いい感じでできていても、すぐに何かの拍子にできなくなる。これがゴルフなんですよね。だから、あまりスコアに一喜一憂するのはよくないと、改めて思いました。

その何かの拍子ですが、思い当たることはあります。「レッスンで平手打ちになっていることを指摘されたこと」。自分では気持ちよく振れているスイングが、プロから見るとずれているところがあるんです。それを直そうとしても急には無理。だから、ラウンド中に悩んで乱れます。ラウンド中は直そうとか考えない方がいいんですよね。

それともうひとつ。「ストレッチで左足太もも裏がぴきぴきっと鳴ったこと」。踏ん張ると痛いです。だから、かばっているのではないかと思います。

それと、やっぱりパッテイングが下手すぎですね~。書き出して、改めて思いました~。そして納得したスイングのときは、パットもいいと気づきました~。

5月は下旬に自治会のコンペがあります。ここのところ、ブービーメーカーかブービーなので、なんとか踏ん張りたいです。でも、まだまだ納得のスイングができるかどうかに重点を置きたいと思います。










ゴルフ | 20:54:10 | トラックバック(0)
スコアがいいとき、わるいとき
ここ2カ月のコンペで「120⇒100」を経験して、なんとなくわかったことがあります。

それは、いいスコアのときは自分なりのスイングがきちんとできている。逆にわるいときは、できていない。第一ホールからできていないと、修正していくのが難しく18ホールが終わってしまう。

このできる加減、できなさ加減は、本当に感覚の問題。言葉で説明するなら、テークバックとトップが決まり(腰が回って左肩がより右に回せている感覚)、そしてトップから手ではなく腰でフォロースルーができる感じです。

理屈はわかってきたのですが、体で再現するのが本当に難しい……。

最近は週一でレッスンを受け、仕事の合間を縫って練習場にも行っています。でも、レッスンでも練習場でも自分なりのスイングができているときとできていないときの波がはっきりとあります。

自分なりのスイングができる確度を上げていくこと。それは簡単にはできないけれど、「地道にコツコツ」(←「まれ」よりパクリ^^)続けるしかない。

ようやくこう思えるようになりました。もうなんで100が切れないんだろうと、あまり悩まないと思います。100切りは、自分なりのスイングが再現できる確度が上がれば自然についてい来る、そんな気持ちなんです。







ゴルフ | 17:41:10 | トラックバック(0)
愛すべきゴルフのオジサマ
ゴルフには、愛すべきお節介がいます。日本にも、マレーシアにも。ときどき、そんなお節介のオジサマに助けられていると感じることがあります。

まずは、近所の打ちっ放しで。

先日のレッスンで、腰を回さないで腕だけでテークバックしていると先生に指摘されて、テークバックではまっすぐ後ろにクラブを引くイメージを持つようにしました。先生の前ではナイスショット連発!自分の感覚はOKと思いました。

しかし。

打ちっ放しで同じようにしているつもりでも、ボールは左へ流れていきます。おかしいなあ、なんでだろう?と思いつつ、打ち続けますが、直りません。

後ろの打席のオジサマ(まったく面識のない人、60歳以上?)とふと目があったら、

「テークバックで腕を体に巻きつかせるようにしてみたら」とワンポイントアドバイスをいただきました。

つまり、腰を回しているつもりでしたが、やはり腕だけでテークバックしていたのです。その後は、まっすぐに飛ぶナイスショットをすることができました。

次に。

先日、久しぶりに楽天の「一人予約」システムで国際レディースへ。ここは家から30分と近く、9ホールを2回まわる距離の短いコースですが、ラウンド練習にはピッタリです。最近、いわゆる本コースで自信喪失している私は、昨年の8月以来、久しぶりに出かけてみたのです。

すると、ここにも愛すべきお節介オジサマ(初対面の方。70歳代)がいらして、「後ろから見て、体幹がこんなにぶれない女性は初めて見た」とおっしゃってくださいました。お世辞もあるでしょう^^;

最近は、本コースで110を叩くことがある話をすると、「今のままのスイングで問題ない。ミスショットをなくす練習あるのみ」「ドライバーがよかった後のセカンドは、いいショットを打たなくちゃいけないと思ってはいけない。前のことは忘れること。各ショットに集中すること」というアドバイスをくださいました。

なるほど~!私はミスショットが増えてるんだ(←今さら~^^;)。そして、それが増えたために、一打一打を引きずることが多いんだと、気づいたのでした。

先日、ふりだしに戻って練習しようと、このブログで書きましたが、それは正しかったようです。100を切れることがある実力があったとしても、練習をしなければすぐに元に戻ってしまうのです。100が切れる実力があれば、練習なんてそこそこでもいいなんてことはあり得ないのです。

ホント、私は浅はかだなあ~。今さら、気づいてるよ~。

愛すべきお節介オジサマのアドバイス、まったくもって、侮れません!初めて会っただけのオジサマたち、さんきゅー!

【追記】
国際レディースでのスコアは、OUT48+IN47でした。感触的に本コース-10です。でも、そんなふうに侮っていると思わぬ落とし穴があるところです。






ゴルフ | 20:10:02 | トラックバック(0)
茜ちゃん、おめでとう!
飯島茜プロ、昨日、優勝しました。プレイオフでジョンミジョンをしりぞけて。生放送で優勝の瞬間が見えなかったのは残念でしたが。

もう何年も前に、茜プロを柏井ゴルフセンターで見ました。2階席の一番右端で淡々と、まったく同じ弾道、同じ方向にボールを打っていたのを今でも覚えています。

昨年の夏以降の千葉県で行われたトーナメント(名前を忘れた^^;)には、夫と一緒に観戦に出かけ、茜ちゃんの追っかけをしました。そのとき、柏井ゴルフセンターで見たときよりも、全体に筋肉がついているなあという印象を持ちました。女子プロの中では華奢な方だと思いますが、お尻上部の盛り上がり方がすごかった~。プロの体だと思いました。

さて、茜ちゃんが昨日着ていたゴルフウェアのベストのフラミンゴがとっても印象的でした。背中のロゴを見ると「Jun&Rope」。試合中にも関わらず(優勝もしていない段階で)、iPadで、私がよく買うお店でさっそく検索。う~ん、お高い、買えない!そして今日は、このサイト、「祝優勝」の文字が出てるし~。かつ、茜ちゃんが着ていた白のベスト(Mサイズ)は上のサイトでは売り切れでした~。さすが~!

こんなミーハーな私ですが、ヤフーニュースで茜ちゃんの優勝コメントも読みました。弟子入りしている片山プロからついにお墨付きをもらい、「頭を使え」と次の指示をもらったとか。それで、読書や料理に時間を費やしたとか。「頭」って、てっきりコース戦略かと思ったらそうではなくて、ゴルフ以外のことにも目を向けろと言うことだったようです。これって、アマチュアにも使える?アバウトすぎてもよくないけど、思い詰めてもよくない、そのバランスが大事ということだと理解します。

私はどちらかといえば思い詰めるタイプなので、そもそも、プロと比較してこんなことを書くのもおこがましいのですが、アマチュアらしく趣味のゴルフを楽しむ気持ちも大切かも……と思ったのでした。











ゴルフ | 18:26:11 | トラックバック(0)
この季節、何を着よう?浅はかに迷う
2年ぶりに日本の春を満喫しようと考えている今日この頃ですが、何を着たらいいのか、この時期になると悩む問題にこの年になってもやはり悩まされています、ただし、ゴルフウェア~。

マレーシアは常夏ですから、夏物さえあれば何も考えることはありませんでした。日本は四季がありますから、それに合わせたウェアになるわけですが、春と秋は普段の服と同様に悩みどころですね~。ウェアのことを考える前に、上達のことを考えれば…と言われそうではありますが。でも、ウェアもゴルフの楽しみのひとつであることは間違いありません。

ここ何年かで、急激に女性のスカート率が上がっていると思います。若い人はもちろん、私のような「それなり」の年の人も着ていたりします。とはいえ、私は寒い真冬にスカートをはくことはゼッタイしませんが、これからはスカートもはいてしまおう(ゴルフ仲間には目をつぶってもらおう^^;)と思っています。

ところで、この時期一番悩むのは、トップスです。昔持っていたものは吸湿速乾があまり謳われない時期に買ったもので、しかも、何年も着ていて流行遅れですし、実は、もう捨てています。

楽天で探しました。新作は買いません。2013年のセール品を見つけました。VictoriaGolfです。楽天で初めて買うゴルフショップです。リアル店で2013年のものを売っているのかどうか、ちょっとわからないのですが、ネットではじっくりこの手のものを探せるので便利だなあと思います。

とはいえ、ネットだと、送料無料にしようとして、大してほしくもないものもつい買ってしまう私。そういうものは得てして使わなかったり、着なかったりすることもあるので、それなら値段高めの新作を買って1点で送料無料にしておけばよかった~なんてこともあるから、ホントに浅はかなことです(笑)。







ゴルフ | 10:30:08 | トラックバック(0)
リセットしよう
これからのゴルフへの向き合い方について、ちょっと考えてみました。

クアラルンプールで週2回やっていたゴルフの時代はもう終わったので、日本での悪あがきをやめようと思います。クアラルンプールでそのラウンドをこなすうちに、ときどき100が切れるようになっていきました。もちろん、その前提として、日本でそしてクアラルンプールで、プロのコーチに習った礎はありましたが。

でも、今は、もうそんな環境ではないので、「ときどき100が切れる」レベルに自分がいないことを自覚すること。ここから再スタートしようと思います。

練習もしないで、ラウンド数も減って、100が切れることもあるだろうと考えることは、やはり身の程知らずでずうずうしいことです。できもしないことができて当然と考えること自体、自分のゴルフを難しくしますし、メンタル的にもよくないです。

日本でできることをやっていこうと思います。レッスンは、今、月2回にしていますが、月4回にしようと思います。もろもろをリセットして、そこから始めなければね!












ゴルフ | 10:13:14 | トラックバック(0)
レッスン復活しました。
すっかりご無沙汰となってしまったゴルフ。先日、習志野カントリー(クイーン)に行ってきました。OUT55、IN57。がっくりして帰ってきました。

昨年7月に帰国して、日本で久しぶりに何回かラウンドして、「マレーシアと比べてなんて平坦で易しいんだろう」と思い、これからの目標を「数回に1回は100を切る」な~んて、豪語して、思い上がっていた時期が恥ずかしいです……。

ここ数か月、ほとんどラウンドできなかったことは大きいでしょう。でも、それ以上に、メンタルが大きい気がしました。

「こんなに練習もラウンドしていないのだから、腕が落ちて当たり前だ」

とずっと思っているんです。マレーシアでは週2回が当たり前でしたから。

先日のラウンドでは、パー4で第3打を、パー5で第4打をことごとくシャンクしました。パーオンは私の飛距離ではできないので、とっても大事な場面になります。

もうがっくりです。

さて、前置きが長くなりました。本題はレッスン復活のこと。さっそく先生にシャンクのことを聞いてみました。ひとつにはメンタル。ゴルフは80%がメンタルだそうです。

もうひとつには、日本のフェアウェイは傷つけるのが悪いくらい、じゅうたんのようにきれい。だから、アプローチでグサッとできない。とのこと。

次回はしっかり振り切ろうと思います。

レッスンでは、パットの練習を6割しています。パターの形状に合わせた打ち方があるそうです。私のは「テーラーメイド ゴースト スパイダー センターシャフト」。パターの重さを利用して打つ。こつんと音が出るくらいがいい。構えたときにパターが両足の真ん中に来る(ボールはやや左寄りになる)など。また、テークバックは小さめがいいそうです。

パット数は30を目標にしています。31なんてこともまれにありますが、40近く叩くことも多々あるので、パットを少しでも安定させたくて、その練習をメインにしています。

ちなみに、ショットに関しては、アドレスしたときのクラブヘッドの向きや、右肩が突っ込みやすい癖をときどき指摘してもらいます。大きなスイングの修正などは、今のところないです。

なので、パットさえ安定すれば、100切りはそんなに難しいことではない……と頭では思うのですが……。

悩みはつきませんなあ~。






ゴルフ | 11:22:36 | トラックバック(0)
レッスン復活を決めました。
日本でもマレーシアでもプロのレッスンを受けていました。

受けてそのレベル・・・といわれれば、そのとおりなのですが、受けないよりはまし。

今週、体験レッスンを予約しました。よければ、そのままレッスンを受けようと考えています。

マレーシアでも日本でも、愛すべき諸先輩方もいろいろ指導してくださいます。

もちろん、純粋な好意からで無料です。

でも、習い事は自腹を切るべしというのが私の信条のひとつで、肝心なことと思っています。

そして私は生徒のプロなんです(笑)。

基本的には不器用なので人より時間はかかるのですが、必ず、といっていいほど、たぶん(笑)、自分のゴールにたどり着いています。

しかし、私も、もう、御年52歳です。

50代で少しでも伸ばせるだけ伸ばしておかないと、とくにスポーツが得意なわけでもなく、筋力バッチリなわけでもない体では、あとは、現状維持、もしくは落ちる一方になるだろうなあという思いもあります。

「命短し、レッスンせよ、オバサン」、なのです。













ゴルフ | 20:54:14 | トラックバック(0)
マレーシアのゴルフと比較して
マレーシアではゴルフ天国の日々を送りました。これもひとえに夫のおかげ。感謝、感謝でした。

日本に戻ったら、マレーシアほどではないにしても、もう少しコースに出る予定でしたが、ありがたくも仕事が立て込み、そのチャンスは激減。

腕は、とくにパターの感覚は落ちる一方です。

そのパター、家で練習できるものなので、マットもあるし、すればいいものを、つい怠けてしまうのでした。

ところで、マレーシアと日本のゴルフで大いに違うところに、カート(マレーシアはバギーという呼び方が一般的)があります。

マレーシアでは、充電不足で途中で止まってしまう…なんてことが、日常茶飯事でありました。

日本では私は経験ないし、想像したこともありませんでした。

また、セルフの場合。

日本では終わった後にクラブの拭き掃除と確認をしてもらえますが、マレーシアはあくまで終わりまで自己責任。

私のようにクラブの掃除をしない人間にとっては、次のラウンドも汚れたままのクラブで…なんてことがしょっちゅうでした。

それと、カートのキャディバッグの荷台ですが、日本は角度がついていて、クラブの出し入れがスムーズ。

でも、マレーシアは地面に対して垂直なので、クラブの出し入れに時間がかかることもしばしば。

背が高い人ならいいんでしょうが、156センチだと、不便でした。

マレーシアのゴルフは、不便も多かったということですが、郷に入れば郷に従えの精神の持ち主である私は、そういうことも楽しかった思い出のひとつではあります。










ゴルフ | 21:55:20 | トラックバック(0)
前のページ 次のページ

FC2Ad